青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

基準の高い仕事の土台にあるもの

2017年11月22日

先日、社員へメッセージした内容をご紹介します。

====
今日のテーマは基準です。
高い基準の仕事とは何でしょうか?

一言でいうと、「お客様を裏切らない」ということだと思います。
つまり、お客様の期待以上の満足を創りだすということです。

期待以上の満足を創りだすことは、お客様からの信頼につながります。
「この人から買おう」「この人に依頼しよう」と思ってもらえるような信頼があるかどうかが
自分の仕事の基準を表しているのです。

では、高い仕事の基準の土台となるものは一体何でしょうか?
それは大きく分けて2つあります。

1つ目は、「プロとしての自覚」が自分の中にあるかどうか、です。
プロとは、結果に対するコミットメントをしている人で、時間とお金の約束を必ず守る人のことです。

2つ目は、「相手の求めているものを与えたい」という強い気持ちです。
お客様の求めているもの、家族の求めているもの、仲間の求めているものを、
すべて自分が与えていくという姿勢で仕事をすることが、仕事の基準を上げていくのです。

アチーブメントは40期、売上げ100億、経常利益20億、社員500名を目標にしています。
その実現は一人ひとりがプライドを持ち、基準高く仕事をしていった先にしか、実現しません。

40期には、今いる社員が会社の中核を担う存在となっていくでしょう。会社の中核を担うとは模範社員であるということです。

今すでに役職のある人、そしてこれからそういう立場を目指していく人は、
アチーブメントが大切にしている価値観である「7つのフィロソフィ」は当たり前という基準で仕事をし、
是非後輩やこれから入ってくる社員に対してアチーブメントの基準を示して欲しいと思います。

社員の皆さんの貢献にいつも感謝しています。こだわりを持って、共に未来を創っていきましょう。
====

ぜひ指導者のみなさんのご参考になれば幸いです。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は55冊、36万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP