青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

会社の判断基準に即して行動できる人財とは

2017年12月7日

先日、社員向けにメッセージした内容をご紹介します。

・・・・・・・

以前、映画『海賊と呼ばれた男』が大ヒットしましたね。
モデルとなった出光興産の創業者「出光佐三」は、『人間尊重』の精神を最も大切にし、
社員との家族経営に努めてきました。

アチーブメントも家族経営を大切にしています。
ただし、家族経営を行うには、社員一人ひとりが会社の方針を理解している必要があります。
逆に言えば「利己的な個人主義」が家族経営を阻んでしまうことがあるのです。

だからこそ、クオリティ・カンパニーを目指す私たちは、当然ながら会社のルールを守るだけでなく、
そのルールへの深い理解が求められています。

ルールの土台にあるものを理解することで判断基準が洗練されます。
皆さんが目指している「会社の判断基準を実行できる人財」になるためには不可欠だと言えるでしょう。
そして、そうした個人が増えることがこの組織をさらなる高みに引き上げます。
ぜひ本社、拠点、アチーブメントグループすべての組織と、
個人の判断基準が一致した状態を目指しましょう。

同時に、全社の生産性向上の指標である『慣習くんプロジェクト』を達成し、
ゆくゆくは月8日の休みを実現、さらには月10日の休みを実現していきたいと切実に思っています。

かつて松下幸之助翁は、現在当たり前となっている『週休二日制』を導入しましたが、
それは休日の一日を「休養」、もう一日を「教養」に当てて欲しいと願ってのものでした。

私は、増えた休みを利用して、既婚者は家族の時間、
独身者は自己啓発・能力開発に時間を当てていただきたいのです。

「現在の会社の生産性を保ちながら、
それだけの休みを確保することは難しい」と声が挙がるかもしれません。
しかし私たちは、常に「統合の哲学」を具現化していくことが求められています。
「理と利の統合」「成果と人間関係」など、矛盾する・相対すると思われるものの統合に挑戦していくのは、
世の企業がモデルとするアチーブメントグループの責務と言えるでしょう。

常に足元を見失わず、このグループのミッションに誇りを持ち歩み続ける組織として成長していきましょう。

・・・・・・・

指導者の皆様の参考になりましたら幸いです。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は55冊、36万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP