青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

経営者マインドを持って働く大切さを社員にメッセージしました。

2021年02月13日

経営者マインドを持って働いて欲しいということを、今週の全社会議で社員に対してメッセージしました。

経営者マインドとは、自身が一人の経営者として自分のことを捉え、経営者目線に立った物事の判断・選択をする心構えのことです。

コロナ禍で多くの企業がコスト削減を余儀なくされ、事業形態の転換が求められていますが、
本当にうまくいくかどうかは、社員一人ひとりがどれだけ経営者マインドを持っているかに左右されると私は思います。

それが結果として、何に一番現れるかというと、「成果」です。
今日一日、自分が作っている成果は、コストに対して黒字なのか赤字なのか。
言い換えれば、お金に対する健全なこだわりであるとも言えます。

お金が無ければ、愛する人を守ることができません。
お金がなければ、社員を豊かにすることができません。
お金がなければ、他者に貢献することができません。

ビジネスは、精神論では成り立たないので、しっかりと力をつける必要があります。
その「力」こそが、お金、すなわち経済力と、人間力なのです。

ただ、勘違いをしてはいけないのは、
ここで私が言っているのは、お金儲けを目指そうということではないです。

お金が自然と集まってくるだけの「価値」を提供しているかどうか、そしてその価値を高め続けているかどうか。
ここに対するこだわりが重要なのです。

反対に、お金を軽んじる人は「価値の創造や提供」に対してもこだわりが薄いことでしょう。それでは、大成することは難しいです。

私はとにかく、価値の創造と提供をし、成果を出すことに注力してこれまでアチーブメントを経営してきました。
そしてそのような経営者マインドを持つ社員を、一人でも多く増やせるようにと、採用と育成に注力をしてきました。

おかげさまで、日本に385万社いる企業の中で、小企業規模から中規模企業へと駆け上がり、約1万社存在する大企業規模のレベルに入りました。
さらにその中でも、10億以上利益を出している2000社の企業の中にもランクインしました。
経営者マインドの醸成を大切にして来た結果、一人ひとりの社員の頑張りがあって企業としての繁栄を手にすることができたのです。

経営者マインドをもった優秀な社員の育成こそ、企業の生命線となるのです。

スクリーンショット 2020-10-17 150116
33年間にわたり、アチーブメントが実践してきた理念経営の極意を「体験動画」と「実践事例デジタル冊子」にてお伝えします

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
CEO
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ会社4社・従業員200名体制へ。著書は61冊、44万名以上への研修と、5,000名を超える中小企業経営者教育に従事している。専門分野は理念経営、理念浸透、人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化など。近年では国内外の大学での講義も多数担当し、その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP