青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

成功を選択する生き方について

2007年05月8日

職業柄、色々な人の相談にのることが多い。
最近、特に経営者の方で色々悩みを抱えている人の相談にのることが増えてきた。
人は何故悩み苦しむのか、一言で言えば
“求めているものと現実とのギャップ”に苦しんでいるのである。
もう少し専門的に掘り下げれば
“自分の求めている基本的欲求が現時点で思うように満たされていない”
という不満足感が悩みである。
当然のことながら私にもこのギャップはある。
求めているもの、すなわち目標と現状には常にギャップがつきものだ。
何十年もこのギャップと闘い克服してきた。
生涯のライバルである。
しかし、私にとってこのギャップは悩みではなく、
“成長に至る促進剤”であり、
成長薬のようなもので、なくてはならない存在である。


つまり、人間は皆同じで求めているものと現実が完全に一致している人はいないし、
逆に完全に一致しているという人は成長が止まっているか、
自己満足の世界にしたっている人ということになる。
ポイントは“成功者になるためには、現実の延長線上に理想を置き、日々現実化していく”
ということである。
いきなり、突然変異で急に成功者になる人はいない。
先ず心構えをつくり、その分野のノウハウを蓄積し、
成功できるだけの十分な技術力を身につけ、
人望を得て協力者を集め、そして独立するのが成功のセオリーであって
うまくいかない人は辛抱が利かない。
又、自分の願望に負けてしまうことが多い。
独立前で十分な実績(稼ぎ、偉大な業績)を上げていない人には
「今ではない、じっくり力を蓄えて立つとき立ちなさい」そのようにアドバイスをしたい。
「あせらず、驕らず、あわてず、あきらめず」自分作りが最優先である。
私は振り返って悩みを燃料に大きく前進してきた人間である。
「自信がある、自信が無い、どちらも正しい」という言葉があるが、自信は虚である。
自信が無いと悩むのはあまり賢明な選択とは言えない。
ようは結果を出せば良いだけだ。
実績から自信は形成される。
根拠のある事実に立脚した自信を日々積み重ねなければ、
成功者への道は非現実的なものになる。
人生は戦略的に生きていく必要がある。
ゴールから逆算し、必要な力をつけて確実に勝利の道を歩んでもらいたい。
成功する前に成功者になる必要がある。
成功者への道は”毎日の積み重ね”であって、
いきなり違う人生を生きるのではない。
日々の積み重ねを大切に、日々、成功していただきたい。
私はこれからも日々、小さな目標達成をコツコツと積み重ねていく。
それが私に出来る、“最も確かな成功の選択”という生き方だからだ。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP