青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

悔いない人生を生きる

2007年05月24日

070524.jpg本日は大阪研修センターで
戦略的目標達成研修 新・「頂点への道」の
講義を担当している。
今回のこの研修テーマは戦略的に
考えて行動し、自分の目的、
目標を確実に実現する技術の伝授にある。
その為には自分自身の存在理由、存在価値を知り、
この社会において自分自身の価値を増大させていく取り組みが必要となる。
私は人生を5段階に分けて生きてきた。
第一段階は学習の段階である。
17歳から27歳までの期間をこの段階に定めた。
第二段階は指導力開発の段階である。
28歳から35歳までの期間がこの段階である。
第三段階は挑戦の段階である。
36歳から45歳までの期間をこれに定めた。
第四の段階は富の形成の段階である。
46歳から60歳をこの段階においた。
そして最後は奉仕と貢献の段階である。
61歳以降死ぬまでの期間である。
出来れば80歳までは健康で元気に生きていきたい。
欲を言えば90歳までは現役バリバリでやれる体力が欲しいが
先ずは80歳を目標に置く。
このように、人生を計画的に生き、
段階を追って願望実現して行く生き方をすることが成功の鍵である。
今日は弊社の人事担当者の森山君の人生という詩を皆さんにご紹介する。
彼は自己実現型の人材である。
彼が戦略的目標達成研修を受講後書いた詩である。
彼の詩の中に彼の人生が表現されている。
一度の人生二度無い人生を如何に生きるか?
大きなテーマである。
人生をご一緒に考えてみよう。
————————————–
「人生」

自分の人生を生きる
それは、自分に誇れる生き方をするということ
自分に誇れる人生を生きる
それは、自分を裏切らない人生を生きること
自分を裏切らない人生を生きる
それは、自分の心の声に従って生きる人生のこと

人の数だけ想いがあり
人の数だけ尊い命がある
人が生きるとは、この命を燃やすこと、
それは、決して戻すことが出来ない、
一度きりの炎となる

一度の命を、本気で燃やす
自分の命を素直に生きる
それが「人を生きる」ということ

「自分が死んだときに全てのしがらみは消えていく。
一番大切なのは、自分が後悔しない人生を送ること」

————————————–
森山君は2005年入社、若干24歳の人事担当者だがこの詩には彼の志が見える。
彼の将来に期待したい。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP