青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

組織の中で上がっていける人とそうでない人の違い

2017年06月14日

組織の中で、上に上がっていける人とそうでない人がいます。
その違いのひとつはマインドです。
捉え方、ものの見方、考え方が違います。

キャリアを積んで、あるところから伸び悩む人は、簡単に言うと”我が強い”のです。
会社という組織の中で求められる基準よりも、
自分という人間のパラダイムが出てきてしまいます。

それが器の限界になっていきます。

できる人間はどんどんどんどん自分から進んで負荷をかけられることを求めて来ます。

でも逆に負荷を軽くするって考えるタイプもいます。
「何でそこまで自分がやらなきゃいけないんですか」とか、
「自分はまだそのグレードじゃないですよね」みたいなことを言う人もいます。
「全てが私のやるべき仕事です」という姿勢が大切です。
自分のグレート以上の負荷を自分から求めていけるかが伸びる人の特徴なのです。

私が以前ブリタニカでフルコミッションセールスマンとして働いていた時代の話です。

最終的に私はディビジョンマネジャーとなったわけですが、
そこまで上がっていけた理由は、まだ見習いの”チームキャプテン”という
ポジションのときに、当時のディビジョンマネジャーの直轄組織で
20人~30人のメンバーを持って、チャレンジし続けたからです。

私は当時マネジャーに聞きました。
「キャプテンというポジションでこんなにメンバー持たせてもらっていいんですか、
他のマネジャーもいらっしゃるじゃないですか」と言ったら、
「お前が一番俺のノウハウを実行してるからお前に預けるのが一番確かなんだ」
と言われました。

お前に配属してドロップアウトされたらしょうがない。なぜそう思えるかというと、
自分のノウハウを一番実行してるからだと。

これが信頼です。

自分のパラダイムに縛られず、
自ら進んでグレード以上の負荷を求めるマインドを持ち、
上司から指導されたノウハウを忠実に実行することが、
組織の中で上がっていく秘訣のひとつだと私は考えています。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP