青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

実行力不全の改善法

2020年09月3日

私は長年、能力開発の専門家として多くの人を見てきました。同じ研修を受けたとしても、即実行出来る人とそうでない人がいます。講演会や研修に参加した後、その方の人生の質が向上するかどうかは、その方の実行力にかかっていますが、なかなか実行出来ない人も多いのが事実です。そこで今日は、実行力不全の改善法についてお伝えしたいと思います。

私は実行力を成功へのパスポートだと考えています。逆説的に言うなれば、実行の質を上げなければ人生の質が上がることはありません。「何を知っているか」「何を考えているか」ではなく「何をしているか」です。実行しなければ人生が変わらないことは多くの人が知っているにも関わらず、メンタルブロックがかかってしまい、サイドブレーキを引きながらアクセルを踏んでいるような状態、いわゆる実行力不全に陥ってしまう人が多くいます。

実行力不全に陥ってしまう理由は3つあり、1つ目の理由はやはり願望が曖昧なことです。これが実行力不全に陥ってしまう最大の要因です。願望は強い、意思は弱い。実行しようとすると、失敗したらどうしようとか、明日からやろうと先延ばしにしたりだとか、恐れや障害がでてきます。それらを乗り越え、実行するためには願望の力が必要不可欠です。

2つ目の理由は知識不足です。これは願望が不明確であるが故に引き起こされることですが、どうしていいか分からない、どうやっていいか分からない状態では実行することはできません。願望が明確であれば、人に助言を求めたり、情報を集めようとするわけですけれども、願望が弱いと情報すら集めようとせず、結果的に実行力不全になってしまいます。

3つ目は思考が分散していることです。あれもこれもと色々なことに手を出していたり、今やっている事よりも、本当は別の事をやった方が良いんじゃないかと思っていたりしている状態です。例えば、手のひらを3本の指で押すのと、1本の指で押すのでは、1本で押されたほうが力は強く感じます。これと同じことです。思考を一点に集中させ、あれもこれもと考えずに、目の前のことを成果が出るまでやり切る。思考を集中させることが実行力を高め、成果を出すためには大切です。

人間の思考を集中させる最も良い技術は目標設定ですので、自分が何を手に入れたいのか、願望を明確にし、必要な情報を集め、具体的な目標を設定し、達成するための計画を立て、実行する。メンタルブロックがかかってしまったときには、もう一度願望に立ち返り、何を自分は目指していたのか何を手に入れたいのか鮮明に描き、もう一度実行する。これを繰り返した先に、達成や成功を手に入れることができます。是非共に悔いのない人生を全うしていきましょう。

28年間にわたり、経営者や各分野のプロフェッショナルに伝えてきた「目標達成の技術」を30分の動画に凝縮しました。
28年間にわたり、経営者や各分野のプロフェッショナルに伝えてきた「目標達成の技術」を30分の動画に凝縮しました。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、従業員220名体制へ。
著書は59冊、41万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP