青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

レッドクリフⅡを観て思うこと

2009年05月7日

今日レッドクリフⅡを鑑賞した。
この映画を見て思ったことだが戦には大義が必要であるということ。
私欲で起こした戦は負けるということ。
戦は武力ももちろん必要だが、それを上回る知があるということ。
中国の三国志、”赤壁の戦い”では、圧倒的な武力を誇る丞相・曹操に対して、知の諸葛孔明と大義を持って結束力に勝る呉の孫権と劉備玄徳の同盟軍が勝った。
戦と経営も相通じるものがある。
小さな会社が成功する上で大切なことは、経営者と企業幹部の真のリーダーシップと知恵である。
若い頃、米国を代表する啓蒙家、ロバート・H・シュラー博士に
「お金が無いのが問題ではない、アイデアがないことが問題である。お金は偉大なアイデアに流れ込む」ということを教えて頂いたが、小さい会社ほど経営者の知恵と全社員の結束が必要だ。
大企業に勝ためには、差別化、区分化、専門化された特別な技術とサービス、そして顧客ニーズに応える小回りの利くきめの細かい顧客第一主義の仕事が求められる。
「出来る、出来ない」ではなく、「やります」「必ず期待に応えます」という顧客への仕事上のコミットメントが勝負を決する。
小さな会社が大発展し天下をとっていく為のヒントがレッドクリフⅡには多々あった。
映画も観方によっては経営の勉強となる。
良い映画を観ることが出来た。
余談だが、今回の映画の中では劉備玄徳にそれほど魅力を感じなかった。
弱い武将は魅力がない。
武将としての魅力は武術に秀でて、人望があり、戦略戦術の策に優れ、健全な仁義をもった人物である。
強さは大きな魅力であるが、それが全てではない。
強さと知恵と運と人徳を兼ね備えた人物が本物の勝利者になる。
良い学びであった。
明日からの経営に学んだことを活かしていきたい。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP