青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

米国インディー500に参戦中の佐藤琢磨氏を応援する

2011年06月1日

IMG_8570.JPG

5月29日(日)インディアナポリスでインディー500を観戦した。
 
今年はインディー500の100周年ということで
レース会場は大変な盛り上がりを見せていた。
全米のみならず全世界から10万人にも及ぶモータースポーツファンが駆けつけて熱狂的な声援を送っていた。
 
F1からインディーに参戦した佐藤琢磨氏の
パーソナルスポンサーを務めている関係もあり、
フロリダ州オーランドで先日開催された
IMG_8541.JPG
ASTD人材教育展からインディアナポリスに入り、
レースを楽しませていただいた。
 
レースは大変素晴らしく、観戦しながら多くの学びがあった。
また、今回は素晴らしい出逢いがあったことも大きな収穫であった。
 
佐藤氏は20周目でクラッシュに見舞われ残念ながらリタイヤしたが、レース後、佐藤氏と夕食をとりながらレースの振り返りを
お聞きする機会を頂戴した。
IMG_8514.JPG
分かり切っていることかもしれないが、
モータースポーツはチーム戦であるということを再確認した。
レース場でレースカーを運転しているのはドライバー本人だがモータースポーツはいくら運転技術が良くてもそれだけでは勝てないということだ。
昨年の茂木でも感じたことだが、佐藤氏がどんなに、何台抜いてもレースストラテジーやピットインのチームクルーとの連携がうまくいかなければ勝つことは出来なかった。
IMG_8564.JPG
 
モータースポーツはチーム戦である。
 
結果はシビアにレースをしているドライバーの評価と未来を決めるが、
結果は現象であり、チームの総合力が勝敗を分けるということである。
チーム選びからレースは始まっているということだ。
逆に考えればチームオーナー側からみればドライバー選びから
レースは始まっているということである。
経営も全く同じことが言える。
良い勉強になった。
 
又、今回、最終ラップの最終コーナーで壁に激突し、
IMG_8557.JPG
勝利を目前にしてチャンピオンを逃した選手もいた。
  
運というものがあるとしたら、運が無かったということだろう。
しかし、プロの世界には運を云々する人間はいない。
 
勝ったか、負けたかである。
 
リザルト、結果は雄弁に語る。
説明の必要なしである。
 
逃した魚は大きい。
 
インディー100周年のチャンピオンと2位では全く価値が違う。
IMG_8494.JPG
後、100年たっても、チャンピオンは常にチャンピオンとして扱われる。2位の人の名前を覚える人は少数である。
 
ビジネスもスポーツも勝たなければ忘れられる。
 
勝ち続けるためには凡人であってはならない。
非凡であるということが成功者の共通項である。
 
もちろん最善を尽くしたことは誰もが認める。
しかし結果は語る。
 
プロの世界は
言葉で語るのではなく
結果で語る世界である。
 
行動も価値はある、
しかし結果に結びつかない行動には
価値を見出さないのがプロの世界である。
 
結果からからの逆算。
これがすべてである。
良い学びになった。
東京に戻り、会社経営に活かせる学びとなった。
今回の約10日間の米国出張は
今までの海外出張の中でも、いろいろな意味で大きな収穫があった出張であった。
 
一番大きいのは自分の気持ちの整理がついたこと。
経営者は孤独の時間が必要である。
東京を離れて、今後の人生設計上大変意味のある時間とすることができた。
 
留守中滞りなく働いてくれていた、
100名を超える社員達に心から感謝する。
 
人生は自分の生きる意味と目的から外れない限り
必ず良い人生を生きることが出来るものだ。
 
人生には本当に大切にしなければならないものと、そうでないものがあるが、
本当に大切にしなければならないいくつかのものを大切にして
生きていく人生を更に深く掘り下げていく。
 
IMG_8424.JPG
それは、もっと良い意味で自分を大切にすることである。
私の天から与えられえた使命をいついかなる時も忘れず、
家族、私を信じて私の構想を支えてくれている真の人財と、
私たちを必要として下さるお客様に対して
誠実に熱意を持って真摯に向き合っていくことが全てである。
 
“我が人生に後悔なし”と言える人生を
これからも全うしていきたい。
 

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP