青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

FCバルセロナのソリアーノ氏から”メッシ”のサイン入りユニホームをもらった

2009年12月5日

今日は午前中、FCバルセロナの元経営責任者である、
フェラン・ソリアーノ氏と、
弊社のクラブニュースの取材で対談させていただいた。
ソリアーノ氏の著書「ゴールは偶然の産物ではない」の内容が
素晴らしかったため、私もこの対談を非常に楽しみにしていた。
直接ソリアーノ氏からお話を伺う中で、
まさに成功の原理原則はサッカーチームであろうと、
会社経営であろうと、どの分野においても相通じるものがあると
再確認させていただくことができ、感謝している。
まず、最強のチームをつくる本質にあるものは何かというと、
チーム全体のコミットメントをどう創り上げるか、ということにある。
何が何でも必ず勝つという信念を持ったチームメンバーを
いかに育てるかというのは、大変興味深い話だった。
望めば与えられるという確信。
何が何でもそれを手に入れたいという強い思い。
この思いがもっとも重要だ。
私は、経営においても、社員全員の心を1つにまとめられるかどうかが、
経営の良し悪しの決定要因になると考え、
理念に社員全員の心をまとめあげていく経営を心がけてきたが、
サッカーチームにおいても、
勝利に対して強い思いを醸成していくということが、
まず大切なポイントだそうだ。
そして本当の喜び、幸福感がその仕事で得られるかということが大切であり、
お金だけではないものがそこにはある。
サッカー選手も、確かに経済的に豊かになるという大きなテーマはあれど、
それ以上に勝利に対して強いモチベーションが求められるということである。
それと同じくらい大切なのは、やはり組織のバランスを保つということだそうだ。
一人ひとりの才能能力を最大限に活かしながら、
それぞれが厳格に自分の職務責任をまっとうし、
目的目標に向かって最大の貢献をコミットメントすることが大切だとおっしゃっていた。
私もその通りだと思っている。
そして、素晴らしいチームをつくるためには、
コンセプトの明確化が求められている。
FCバルセロナとはどういうチームなのか、
また、どういうチームである必要があるのか、
そのコアにある理想のチームづくりに対して、
選手の心をまとめあげ、最強のチームをつくりあげていくこと。
そしてそのチームをマネジメントできるスタッフを注意深く選び、
情熱と達成の強い目的目標意識のある監督にチームを任せる。
もっとも大切なことは有言実行にある。
そしてもっともよくないことは、有言不実行だ。
リーダーは後姿で指導しなくてはならないとおっしゃっていたのは、
私自身もまったく同じように考えている。
そして規律の大切さをとても強調されていた。
以前にF1のスポンサーシップをさせていただいたが、
その際にもF1の基準を学ぶ機会があった。
このFCバルセロナもまったく同じで、非常に厳格な規律があるそうだ。
長期的、客観的、本質的に見て、その規律をみんなで守りながら、
世界最強のチーム作りを目指していったそうだ。
そして、ソリアーノ氏の言葉の中で、特に印象に残ったのは、
リーダーとは、安住の地より出る人であって欲しい
ということである。
安住の地より出れる人、そして自分のメンバーを出せる人、
それが大事だということだ。
そのぬるま湯から出た自分、つまり自らを鍛えている自分自身を、
心から愛せるような選手を育てなければならないというのは、
非常に深い意味を持つものだと感じた。
そして、子どものやる気を育てるには、
不足感を与えることが重要だそうだ。
なんでもかんでも与えると、人間は怠け者になり、努力しない人間になる。
やる気というのは頭で考えることではなく、心で感じるものである。
全くその通りだなと思った。
今回、嬉しいことに、ソリアーノ氏が
世界的なサッカープレイヤーであるメッシの
サイン入りのユニフォームをプレゼントしてくださった。
弊社のサッカー好きのスタッフたちは、
このサイン入りのユニフォームはものすごい価値があると言って
自分の携帯電話に写真を撮っていたが、
遠く離れた日本でもこれだけのファンがいることは、
すごいことだと改めて感じた次第である。
その後宿泊先のホテルで食事を共にとり、
私はオフィスに戻り、簡単な決裁を行い、
午後3時から弊社の受講生でもあり友人の
北国からの贈り物株式会社の
加藤敏明社長がリーダーを務めるネット店長塾の
楽天ショップの13名のリーダーの方々の前で
お話をさせていただいた。
最初に参加者お一人お一人から
プレゼンテーションがあったが、
数多くのインターネットショップの中でも、
優良ショップの経営をされている方々だけあり、
それぞれの素晴らしい理念を
プレゼンテーションで伺わせていただくことができた。
このネット店長塾にも参加されていらっしゃる
5人の方々で今回アチーブメント出版から
書籍「トップ0.1%の条件~ECビジネス成功者たちの「志力」~」
発刊していただいた。
”かに”と”北海道の名産物”販売の北国からの贈り物の加藤敏明社長、
寝具販売のふかふか布団みちばたの道端俊彦社長
山梨のフルーツ販売の、甲斐国物語を運営されている織田一彦社長、
台湾製オリジナルグッズを販売している台湾小集の永田ゆえみん社長、
生花販売を手がける翌日配達お花屋さんの小川順子社長の5名だ。
5人とも弊社の頂点への道講座にも御参加いただいているが、向上心と誠実さと素晴らしい人間力を兼ね備えておられる方々である。
5人の方々の事業にかける想いが凝縮された
素晴らしい本に仕上がったので、
是非1人でも多くの方に読んでいただきたいと思う。
12月22日にアマゾンキャンペーンが実施される予定だ。
夜はソリアーノさんの懇親会にも顔を出し、
その後六本木ヒルズに移動し、
弊社のお客様たちと共に時間を過ごさせていただいた。
ソリアーノ氏のお話はもちろんであったが、
誠実で前向きな企業経営者の現場の分かち合いは
まさに“実”の交わりであり、
私も非常に多くの学びを得ることができた。
今日1日も最善を尽くすことができた1日であった。
人生は出会いで決まるという言葉があるが、
人との出会いに感謝している。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP