青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

年に一度の社員と大切な時間

2020年10月31日

弊社では税引き後の純利益から社会保険料を控除して約3割を社員へ分配している。これは、社員の一年間の貢献に感謝したいという私の思いから作り出された仕組みであり、年次は関係なく、実力主義で、公平公正に評価する。その年の貢献度によって金額の多い少ないがあり、アチーブメントでは給料の5倍の付加価値を生み出すことを基準にしているので、その基準を超える貢献をした社員にはそれ相応の金額を渡す。社員には精神的な豊かさだけでなく、経済的な豊かさも手に入れて欲しいという考えがあるからである。

年に一度、前期の感謝を伝え、今期への決意を新たにする大切な1日である。会社の規模が大きくなろうとも、私のスケジュールが可能な限りは全国を回る。経営は効率を追ってはいけない。効果性を追うことが大切である。朝から東京本社の社員へ33期の感謝と、アチーブメントの未来についてメッセージをした。そして、社員一人ひとりへ感謝を伝えた。午後からはグループ会社のHRソリューションズや西日本の拠点を周り、同じく1人1人に感謝を伝えた。

DSC05365





昨夜には大阪で勤続10周年を迎えた社員と食事会を開いた。平山も中塩も国立大学を出てアチーブメントに入社。平山は大阪の組織変革チームのリーダーとしてメンバーを育て上げてくれている。中塩も新卒の頃、私の秘書も担当し、個人部門に異動後には着実に成長し、リーダーとなり、現在は研修のファシリテーターとしても活躍してくれている。この10年の様々なエピソードも聞き、彼らの人材教育への共感とアチーブメントの企業文化が願望のど真ん中にあることが伝わった。これからマネジャーとなり、さらに上を目指し上がってきてくれることだろう。
こんな素晴らしい社員と共に、仕事を通して世の中に貢献できていることに心から感謝している。私は幸せ者だ。

123115522_1865780483560747_618079343252982534_o

私も経営責任者として自らの役割を果たしていく。
「生きがいとは人が熱情を注ぐ仕事の中に苦労と共に見出す深い喜びである」
ロイヤリティの高い社員との本音の交わりは、至福感を感じれる上質の時間だ。

スクリーンショット 2020-10-17 150116
33年間にわたり、アチーブメントが実践してきた理念経営の極意を「体験動画」と「実践事例デジタル冊子」にてお伝えします

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、従業員220名体制へ。
著書は59冊、41万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP