青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

機中で”おくりびと”を観て感動した

2009年03月2日

今ニューヨークに向かう機中にいる。
機中で、第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品で、さらに先日、アカデミー賞を受賞したばかりの
邦画“おくりびと”を観た。
素晴らしい映画であった。
本木雅弘さんが演ずる納棺師という仕事。
まさに事実は一つ、解釈は無数である。
遺体を化粧し納棺する職業は捉え方によっては忌み、嫌われる職業でもあろう。
時には、死後何日も経過した遺体の処理をすることもある、大変な仕事である。
また、いろいろな死に際に出逢う職業でもある。
映画では、親族の死に直面した時の家族の生々しい感情のぶつかり合いが非常にリアルに描かれていた。
そして、この映画のクライマックスで、主人公は自分と家族を捨てた父親の死に直面し、死に化粧をすることになる。
家族を捨てて30年、流れ着いた漁師町で父親は一人寂しく死んでいった。
残されたものはたった一つの段ボールだけ。
最後に、主人公の本木さんが子どもの頃渡した、小さな小石を父親は握りしめながら死んでいった。
家族を幸せにしたくても幸せに出来ない男の哀愁が漂っていた。
感慨深いものがあった。
私も子どもの頃、家庭の事情で随分寂しい思いをしたので、主人公の気持ちに共感した。
死を通して見える、愛すること生きること。
素晴らしい映画であった。
良く考えてみれば、人間は生まれてくる時も、助産婦さんや産婦人科医の力を借りて生まれてきて、
死んで旅立つ時も人の力を借りて納棺してもらったり、葬儀をしてもらっている。
決して一人で生きているのではない。
世の中には人が嫌がる仕事でも、人に必要とされる尊い職業がある。
その仕事に意義や意味づけが出来た時に、一生の仕事に変わる。
深いテーマであった。
現代社会には、いろいろな職業があるが、成功するためには、その職業に対して社会的意義を見出し、
誇りを持てるようになる必要があると思う。
そして、自分が選択した職業に誇りが持てるような働き方が出来なければ、何をやっても、ものにはならないと思う。
振り返ると、私も最初から何でも出来たタイプではないし、不器用なところも多々あった人間である。
唯、与えられた仕事に対しては、誠心誠意取り組んできたと思う。
その心が道を開くことになったと思っている。
まず役割に対して、真剣に取り組むことが大切である。
真剣に本気で取り組めば、おのずと道は開かれるということをこの映画で再確認することができた。
人の死に直面する仕事。
人生や職業について深く考えさせられる良い映画であった。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP