著名人対談


vol.1

挑戦のその先に
~夢を目指し続ける生き方~

三浦雄一郎(冒険家)
1932年青森市に生まれる。1964年スピードスキー競技において、時速172・084キロで当時の世界新記録樹立。1966年富士山直滑降達成。1970年エベレスト・サウスコル8000メートル世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年エベレスト登頂、当時の世界最高年齢登頂記録(70歳7か月)樹立(ギネス認定)。2008年、75歳で2度目のエベレスト登頂を果たす(最高年齢登頂更新・ギネス認定)。スキーヤーとしてだけでなく、行動する知性派また教育者として国際的に活躍中。 記録映画、写真集、著書多数。
三浦雄一郎氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.102より

1932年青森市に生まれる。1964年スピードスキー競技において、時速172・084キロで当時の世界新記録樹立。1966年富士山直滑降達成。1970年エベレスト・サウスコル8000メートル世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年エベレスト登頂、当時の世界最高年齢登頂記録(70歳7か月)樹立(ギネス認定)。2008年、75歳で2度目のエベレスト登頂を果たす(最高年齢登頂更新・ギネス認定)。スキーヤーとしてだけでなく、行動する知性派また教育者として国際的に活躍中。 記録映画、写真集、著書多数。

〝三浦雄一郎という人生〟を力いっぱい生きる

青木ひとつ間違ったら、死んでしまう世界なわけですが、命をかけてまで自己実現をしようという想いの源はいったいどこからくるのでしょうか?

三浦私たち昭和ひと桁世代は、先輩たちが命をかけて戦闘機に乗っていました。だからか、自分でもこれだ!と思って命をかければ世界一になれるものだと思うんです。

三浦雄一郎氏 三浦雄一郎氏 三浦雪山で滑降を始めてからは、名を残したいという想いをますます新たにしました。滑降中に何度も転んでは、今生きているのか死んでいるのかわからないような思いをするんですね。エベレスト滑降では両足のスキーが外れました。靴だけではいくらがんばったってブレーキはかからない。死が目前に迫るなかで、私は、「ああ死ぬんだ」ということよりも、「3万年経ったら、3千年経ったら、3億年経ったらどこで何をしているんだろう」と考えていました。死の恐怖じゃなくて、大霊界への好奇心が勝ってたんですね(笑)。しかし、ぎりぎりのところでジャンプ台みたいな岩があって、ポーンと飛んで柔らかい雪のなかに飛び込んだんです。雪煙のなかで、しばらくあの世かこの世かわかりませんでした。じっとしているうちに、生きていることに気づいて、でも、言葉が出てこない。それまでは転がり落ちる自分を、上から見ているような気がしていたんですが、今は肉体をもっている、そう感じました。そのとき、自分はもう一度、三浦雄一郎という人間に出会ったんだなと思ったのです。また三浦雄一郎という人生を生きるんだ、三浦雄一郎という人生の主役を演じきる、そう思いました。
だから、やりきること、いつまでも目指し続けることが私の人生なんです。

青木素晴らしいですね。そして興味深いです。三浦さんの挑戦をやめない姿勢は理屈じゃないのだと感じます。「世界」を驚かせたい、三浦雄一郎という人間の生きた痕跡を残したいという魂の叫びなんでしょうね。三浦雄一郎という一個人のオリジナリティへのこだわりを感じますね。

三浦雄一郎氏 三浦当時、日本はコピーがうまい国だと世界から思われていました。だから、8000メートルから時速180キロで滑り降りるなんて誰も思いつかないことをして、世界中が唖然としたと思います。フランスで、30年以上続いている冒険映画祭があるんですが、第1回の審査員として招かれて、そこでヨーロッパのスポーツジャーナリストから、「君は登山の歴史の3ページ目を開いた」と言われました。1ページ目は、100年前にイギリスの登山家、エドワード・ウィンパーがはじめてマッターホルンに登頂したこと。2ページ目は1923年にヒラリーとテンジンがはじめてエベレストに登頂したこと。そして私が歴史の3ページ目を開いたというのです。まさかそういう見方をしてくれるとは思いませんでしたね。

青木仁志 青木それは素晴らしい賛辞ですね。
まだ誰も足を踏み入れたことのない地に、命を落とす かもしれないという不安と恐れを乗り越えて挑んで いった歴代の冒険家たちと同じスピリットが、三浦さん の偉業の根底に流れているということですね。

三浦ありがとうございます。でも、「命をかける」というのは結果に過ぎないなとも思いますね。〝誰もやっ たことのないこと〟という漠然とした夢みたいなこと を思いついて、それを実現するまでのスケジュールを立てて実行していくプロセスが、わくわくして楽しくてしかたないんです。そのプロセスのなかで大事なことは、ぶれないこと、めげないこと、あきらめないことだと思います。

青木七大陸の最高峰からの大滑降や2度のエベレスト登頂を成功されている三浦さんがおっしゃると、言葉に格別の説得力が生まれますね。そしてその言葉は、三浦さんの在り方、生き方に体現されていると思います。

三浦私のスキーのスタイルは、アドベンチャースキーとでもいえると思います。〝冒険〟ですね。つまりは〝未知への挑戦〟です。自分のこの挑戦を人にどうメッセージできるか、そんなことにずっと興味がありました。私の残してきた記録で、「夢をあきらめないことの重要さ」を多くの人に伝えることができるなら、光栄です。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP