著名人対談


vol.1

挑戦のその先に
~夢を目指し続ける生き方~

三浦雄一郎(冒険家)
1932年青森市に生まれる。1964年スピードスキー競技において、時速172・084キロで当時の世界新記録樹立。1966年富士山直滑降達成。1970年エベレスト・サウスコル8000メートル世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年エベレスト登頂、当時の世界最高年齢登頂記録(70歳7か月)樹立(ギネス認定)。2008年、75歳で2度目のエベレスト登頂を果たす(最高年齢登頂更新・ギネス認定)。スキーヤーとしてだけでなく、行動する知性派また教育者として国際的に活躍中。 記録映画、写真集、著書多数。
三浦雄一郎氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.102より

1932年青森市に生まれる。1964年スピードスキー競技において、時速172・084キロで当時の世界新記録樹立。1966年富士山直滑降達成。1970年エベレスト・サウスコル8000メートル世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年エベレスト登頂、当時の世界最高年齢登頂記録(70歳7か月)樹立(ギネス認定)。2008年、75歳で2度目のエベレスト登頂を果たす(最高年齢登頂更新・ギネス認定)。スキーヤーとしてだけでなく、行動する知性派また教育者として国際的に活躍中。 記録映画、写真集、著書多数。

再び、冒険の舞台へ 80歳で3度目のエベレスト登頂を目指す

青木三浦さんは、言葉では言い表せないくらいの努力と試行錯誤を重ねられ、前代未聞の8000メートルからの大滑降で七大陸を制覇して世界に認められ、稀代の冒険家となられました。その後は当時の経験を活かし、文化人としてご活躍されましたね。そして70歳にして世界最高齢でのエベレスト登頂と、再び冒険の現場に戻られたわけですが、そのきっかけは何だったのでしょうか?

三浦雄一郎氏 三浦60歳頃、「もうやり終えた」と感じて、一度リタイアしたのですが、それが一転して、エベレストに挑戦したくなったのは、父親の存在が大きいですね。エベレスト登頂を決意した65歳の私は、167センチ、86キロのメタボリック状態でした。狭心症、高血圧、高脂症を患っていました。体脂肪率は45%。500メーターの山も登れなかったんですよ。そんな私の傍らで、父は99歳でモンブランを滑るんだと言っていましたし、息子の豪太はモーグルでオリンピックに出場したりしていました。
そんな家族の姿に刺激されたんですね。自分だけのうのうとリタイアしていられないなというか。それにスキー滑降は頂上から滑るわけではないですから、エベレストに行っても、頂上からの景色を見ないで終わるんです。やっぱり頂上をひと目見たいと思ったんですね。そして、今スタートしなかったら一生エベレストは登れないと思いました。

青木なるほど。当時としては最高齢記録でエベレスト登頂を成し遂げ、目標は見事に達成されたわけですが、なぜ再び登頂することを決意されたのでしょうか?

三浦頂上に着いたら曇っていたんです。晴れた頂上が見たいと思ったから。それだけです。でも、70歳のときのエベレスト登頂で、心臓に負荷がかかり、不整脈になってしまったんですね。小児結核を患っていたこともあって、今でも肺活量は2500しかありません。満身創痍で、医者には「富士山も登れない」と言われました。それでも名医を探し出して、75歳の再チャレンジまでに2回心臓手術をしたのです。

青木それはすごい。そこまで徹底して目指し続ける理由はただひとつ、「三浦雄一郎という人生を生きる」というひと言に集約されるのですね。魂が震えますね。

青木75歳で2度目のエベレスト登頂に成功された三浦さんの、今後の夢は何ですか?

三浦80歳でエベレストを登ることです(笑)。
36歳でエベレスト滑降したとき、70歳と75歳でエベレスト登頂したとき、すべてネパール側からの登頂でした。次はチベット側から登りたいんです。75歳でエベレストの頂上からふとチベット側のルートが見えて、あちらから登りたくなってしまいました(笑)。我ながら懲りないですね。75歳から80歳の5年間は、30歳から35歳になる5年とまったく違いますが、必ず叶えたい夢です。

三浦雄一郎氏 × 青木仁志 青木三浦さんの飽くなき冒険心、挑戦を続ける気もちには、感服するよりほかありません。三浦さんにとって、人生とはまさにチャレンジそのものなのですね。

三浦ありがとうございます。80歳でエベレスト登頂に成功して、たくさんの方を勇気づけられたらと思います。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP