著名人対談


vol.10

最短距離で最大の成果を生み出す
リーダーの知恵

佐々木常夫(東レ経営研究所 特別顧問)
1944年秋田市生まれ。1969年東大経済学部卒業、同年東レ入社。自閉症の長男とうつ病の妻を持ち、育児、家事、介護に追われる中で、破綻会社の再建や事業改革に従事。2001年、同期トップで取締役、2003年、東レ経営研究所社長、2010年、同社特別顧問に就任。現在は、内閣府の男女共同参画会議議員などの公職も務める。
著書は『ビッグツリー』(WAVE出版)など多数。2011年にビジネス書最優秀著者賞を受賞。
佐々木常夫氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.122より

1944年秋田市生まれ。1969年東大経済学部卒業、同年東レ入社。自閉症の長男とうつ病の妻を持ち、育児、家事、介護に追われる中で、破綻会社の再建や事業改革に従事。2001年、同期トップで取締役、2003年、東レ経営研究所社長、2010年、同社特別顧問に就任。現在は、内閣府の男女共同参画会議議員などの公職も務める。
著書は『ビッグツリー』(WAVE出版)など多数。2011年にビジネス書最優秀著者賞を受賞。

ワークライフバランスとは働き方の多様性を受容すること

佐々木常夫氏 佐々木ワークライフバランスとは、ダイバーシティの一つの範疇で、働き方の多様性を認めようということです。40~50代でも、期待される仕事があり、本人が働きたい、家族が認めている、部下にも迷惑をかけないという条件なら、仕事に没頭すればいい。

問題は、長時間労働をしている人間が管理職になると、部下にもそれを強要することにあるんです。定時に帰って自分の生活を充実させたい人、子育てが大変で早く帰りたい女性など、多様な働き方を認めながら、頑張りたいと思っている人には頑張ってもらう。そういう管理職や経営者でなければいけませんね。

青木同感ですね。では、佐々木様が考える経営者として備えるべき要素は何でしょうか。

佐々木常夫氏 佐々木個人でも会社でも、何かに貢献しようという志が重要だと思います。企業の目的は利益ではありません。利益は企業が生きていくための条件ですけれど、目的ではないのです。目的は、もっと広い意味で、世のため、人のためになることです。

当社の経営理念の最初に、「安全・防災・倫理はあらゆる経営課題に優先される」とあります。倫理とは、決して嘘をつかないことです。粉飾決算や食品偽装で倒産した例があるように、倫理にもとる行動をすれば、民間会社はつぶれるリスクがあります。逆に、製品を通じて世の中に貢献する、お客様の役に立つという気持ちがあれば、利益はついてくるんです。

個人も同じです。リーダーとは、人に会ったら挨拶する、嘘をつかないなど、幼稚園で教わったことをきちんとできる人だと私は考えているのですが、そういう社会人は意外に少ないものなんです。人のため、チームのため、会社のために一生懸命に頑張る人にはみんながついてきて、その結果、その人は幸せになれるんです。幸せな人生を送りたいと思うなら、周りの人のために貢献しなければリターンはありません。そして、貢献の領域を広げていくためにも、自分を成長させていくのです。

青木なるほど。私がよく研修で用いるグラフがあるのですが、縦軸に「自己の成長」、横軸に「他者への貢献」をとり、右45度上にサクセスがあると表現しています。これは、成長した分だけ他の人に貢献できるようになるということを意味しています。経営者自らが学び続け成長し続けることが、企業の貢献の体積を大きくするのだ、と。それと全く同じですね。

佐々木なるほど。縦軸と横軸というのは初めてですが、良い話を聞きました。

青木私は人を育てる上で組織の文化が大事だと考えていますが、長い歴史の中で良い企業として評価され続けている東レの組織や文化は、どのようなものだったのでしょうか。

佐々木企業の要は人材です。そして、人材を採用し育成するという精神がないと、社員は活性化しません。当社は、経営スクールを毎月1週間ずつ5か月間やったり、新入社員教育を充実させたり、課長教育を三島の研究所で3週間行ったりしています。「この会社は人を育てるためにいろいろと取り組んでくれている」。そんな風に感じることができれば、社員は自ずと期待に応えようという気持ちになってくれるものです。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP