著名人対談


vol.13

売上100億円企業に学ぶ
組織繁栄の秘訣

金子和斗志(アイ・ケイ・ケイ株式会社 代表取締役社長)
佐賀県伊万里市出身。1995年に同社を設立し、2000年佐賀県鳥栖市に、九州初となるゲストハウス型ウェディング施設を開業。2010年に大阪証券取引所JASDAQ市場、2012年に東京証券取引所市場第2部に上場。2013年に東京証券取引所市場第1部銘柄に指定。現在は全国13都市に15施設を展開し、海外進出も含めて更なる成長を目指している。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』(コスモ教育出版)がある。
金子和斗志氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.127より

佐賀県伊万里市出身。1995年に同社を設立し、2000年佐賀県鳥栖市に、九州初となるゲストハウス型ウェディング施設を開業。2010年に大阪証券取引所JASDAQ市場、2012年に東京証券取引所市場第2部に上場。2013年に東京証券取引所市場第1部銘柄に指定。現在は全国13都市に15施設を展開し、海外進出も含めて更なる成長を目指している。著書に『サービスの精神はありがとうから生まれる』(コスモ教育出版)がある。

青木仁志 青木本日は、佐賀県伊万里市に本社を置き、ゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス」を全国展開されているアイ・ケイ・ケイ株式会社の金子和斗志社長をお迎えしました。規模を拡大し、大企業へと発展させる中で、経営者として大切にされてきたことや人財活用に対する哲学などを伺っていきたいと思います。まずは、金子社長の経歴やウェディング事業を始めるようになったきっかけなどをお話し頂けますか。

金子私は商売人の2代目として生まれました。先代である父親は地元でスーパーマーケットを経営し、母親は乾物の卸問屋を営んでいました。2人が一生懸命働く後姿を見て育った私は、門前の小僧のように、自分もいずれ会社経営をする、と子どもの頃から思っていました。小学6年生の時の作文にも「スーパーマーケットのチェーン展開をしたい」と書いたほどです。

しかし、私が引き継ぐ前に先代はスーパー経営から手を引きました。当時、中核都市に本社を持つダイエーやジャスコ(現 イオン)が積極的に地方都市に展開しており、佐賀県にも全国チェーンの大手スーパーや百貨店が参入。そういう流れの中で、先代のやっていたビジネスは厳しい状況に置かれていたのです。例えば、人気商品だった「ネスカフェ」というコーヒーが百貨店の広告の目玉商品として載っていた時、なんと売出し価格がうちの仕入値よりも安かったのです。価格競争では勝ち目がありませんでした。父親は番頭さんにヒト・モノ・カネを全部譲り、新たにホテル事業を始めました。

当初は宿泊だけでしたが、ちょうどその頃、私が結婚式を挙げたこともあって、母親からウェディング事業をやってはどうか、という提案がありました。父親も私もそこに可能性を感じ、単純な発想ではありますが、ウェディング事業への参入を決めました。

青木なるほど。そこには、親の想いを成就していこうという金子社長の想いがあるように感じられますね。

金子いえ、私はそんな孝行息子ではありません(笑)。親としては、後継ぎ息子に大学で勉強してから事業をやってほしいと思っていたでしょうが、私は親の言うことを聞かない、どら息子でした。幸い、父親のホテル事業を大きくすることはできましたが、母親にはまだ十分な親孝行ができていないと感じていますよ。

青木親にとって、世のため、人のために役立つ人間になること以上の親孝行はないので、金子社長は十分に孝行されているのではないでしょうか。ところで、上場企業へと会社を育てていく中で、どのような経営観をお持ちだったのでしょうか。

無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP