著名人対談


vol.14

選択理論、その価値と可能性

柿谷正期(柿谷カウンセリングセンター 所長)
1942年生まれ。中央大学大学院、米ウィートン大学大学院、トリニティ国際大学大学院、ジョージア州立大学大学院などで英文学、神学、コミュニケーション、カウンセリング心理学などを学び、4つの修士号を取得。1978年に柿谷カウンセリング・センターを開設。米国ウイリアム・グラッサー協会が認定した日本人初のインストラクターであり、1986年には、英語圏以外では初となる『リアリティ・セラピー集中講座』を主催するなど先駆的な取り組みを行い、現在も第一人者として活躍中。(元 立正大学心理学部教授)
柿谷正期氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.128より

1942年生まれ。中央大学大学院、米ウィートン大学大学院、トリニティ国際大学大学院、ジョージア州立大学大学院などで英文学、神学、コミュニケーション、カウンセリング心理学などを学び、4つの修士号を取得。1978年に柿谷カウンセリング・センターを開設。米国ウイリアム・グラッサー協会が認定した日本人初のインストラクターであり、1986年には、英語圏以外では初となる『リアリティ・セラピー集中講座』を主催するなど先駆的な取り組みを行い、現在も第一人者として活躍中。(元 立正大学心理学部教授)

青木本日は選択理論心理学会会長であり、弊社を役員として側面から支え続けてくださっている柿谷正期氏をお迎えしました。立正大学心理学部の元教授として、カウンセリングセンターの所長として、豊かな学識と臨床経験をお持ちの柿谷氏に、選択理論の価値と、内在する可能性について伺っていきたいと思います。まずは先生と選択理論との出会いからお話しいただけますか。

青木仁志 柿谷私はもともと英文学を勉強していまして、中央大学大学院で文学修士を取得後、アメリカに渡ったんです。アメリカでは英文学だけでなく、神学、心理学などを10年かけて学び、1978年に帰国してからは、当時としては珍しかったカウンセリングセンターを開設しました。そして7年ほど経ったある日、現在アチーブメント社の特別顧問であるロン・カールトン氏から突然一本の電話がかかってきたんです。カールトン氏は、米国で選択理論心理学を学び、ウイリアム・グラッサー協会シニアインストラクターの資格を取得していらっしゃいました。日本への普及を考える中で、カウンセリングセンターを開いていた私に連絡してこられたんです。そこから、日本のカウンセリングの状況をお伝えしたり、勉強会に出席させていただくなどの交流が始まり、私自身も渡米してインストラクターの資格を取得。翌年の1986年には、日本で第1回目となる選択理論に関する講座を、カールトン氏とともに開催するに至りました。英語圏以外では初めて開催されたものになりましたね。

青木一本の電話からすべてが始まったんですね。ところで、数々の学問を研究される中で、選択理論を普及しようと思われた決め手は何だったんですか?

柿谷実は米国留学からの帰国後すぐに、ジェイ・E・アダムズの翻訳をしていたんですが、アダムズは「グラッサーの弟子」と言われるほど、グラッサー博士と心理学的アプローチが似ていたんです。どちらも従来のカウンセリング手法や精神分析学に疑問を抱き、独自に研究を進めていましたからね。また私自身も、当時の主流であった、「相談者の感情」に焦点を合わせるカウンセリングに対して、「果たして本当の問題解決に繋がるのだろうか?」と疑問を感じていたところだったので、選択理論に出会った時、まったく違和感がなかったんです。感情ではなく、「本人の得たいもの」に素早く焦点を合わせていく選択理論心理学。これほどわかりやすく学びやすい手法がどうして日本に普及していないのだろうか。誰もやっていないのなら、自分が勉強してこれを日本に広めよう。そう心に決めたんです。

無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP