著名人対談


vol.18

トップリーダーが実践している未来を拓く“考え方”のチカラ

井上裕之(医療法人社団いのうえ歯科医院 理事長/メンタルセラピスト)
東京歯科大学大学院卒業後、島根大学医学部臨床教授・東京歯科大学・北海道医療大学・インディアナ大学・ブカレスト大学の客員講師。2003年、ニューヨーク大学CDEインプラントプログラムを日本人で初めて卒業。理想的な病院を作るために経営学博士を取得。現在、いのうえ歯科医院理事長。ISO9001・14001取得。世界の経営学や成功哲学を学んだ企業改善理論は医療業界にとどまることなく、一般の企業からも経営指南の依頼を受けている。
井上裕之氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.135より

東京歯科大学大学院卒業後、島根大学医学部臨床教授・東京歯科大学・北海道医療大学・インディアナ大学・ブカレスト大学の客員講師。2003年、ニューヨーク大学CDEインプラントプログラムを日本人で初めて卒業。理想的な病院を作るために経営学博士を取得。現在、いのうえ歯科医院理事長。ISO9001・14001取得。世界の経営学や成功哲学を学んだ企業改善理論は医療業界にとどまることなく、一般の企業からも経営指南の依頼を受けている。

トップリーダーが実践している未来を拓く“考え方”のチカラ(2)

井上重要なのはその負のエネルギーで終わるのではなく、そういう悔しさや不甲斐なさを噛みしめたところから、次第に貢献の気持ちへと繋がっていくことでしょう。私も、初めは「今に見ていろ」という気持ちでしたが、能力がついてくると、社会貢献の気持ちが強くなると共に、人のミッションに対して貢献できる自分になりたいと思いました。

青木確かに私自身もそういう部分はあるかもしれません。まったく勧められませんが、よくブリタニカ時代に夜遅くまでセールストレーニングをしていて、翌日の会議の時に睡魔が襲ってきたときは、太ももや手の甲にペンを刺したものです。

井上それぐらいの気持ちでなければ世の中に立つような人になれないということですね。自分が頑張ってきた、頑張っているときの苦しさをわかっているからこそ、成長し、人に優しくなれると思います。そして、他の人がやらない領域まで自分に厳しく、律して行動した経験があるからこそ、思い描いたイメージが実現していくことが実感できるのでしょう。

青木仁志 青木先生のお話からは、「見えないものが目に見える現象を創り出している」という確信を感じます。ここがお互い非常に共感するポイントの一つですね。

井上おっしゃる通りです。そして、今までたくさんの成功者と呼ばれる方と接してきましたが、みなさん共通して「人生に辛いことがなかった」とおっしゃいます。もちろん、辛いことがなかったわけではなく、それらは「自分の成長の糧だった」と考えるのです。

青木「生きがいとは人が熱情を注ぐ仕事の中に苦労とともに見出す深い喜びである」という言葉でしょう。成功者に共通する思考習慣だと思います。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP