著名人対談


vol.2

仕事の歓び、経営者の歓び

篠原欣子(テンプホールディングス株式会社 代表取締役社長)
1934年、5人兄弟の4番目として神奈川県横浜市に生まれる。8歳の時に国民学校の校長を務めていた父親を亡くし、その後は助産師をしていた母親が女手ひとつで5人の子どもたちを育てる。高校卒業の後就職し、結婚・離婚を経験。その後ヨーロッパ留学、語学と秘書学を修め、オーストラリアで秘書として働く。当時の経験を生かし、帰国後は外資系企業を主な顧客とする人材派遣業会社であるテンプスタッフ株式会社を創業。2006年には東京証券取引所第一部上場。アメリカ『フォーチュン』誌による「世界最強の女性経営者」に2000年から9年連続で選出される。主な著書に『探そう、仕事の、歓びを。』(あさ出版、2007年)がある。
篠原欣子氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.98より

1934年、5人兄弟の4番目として神奈川県横浜市に生まれる。8歳の時に国民学校の校長を務めていた父親を亡くし、その後は助産師をしていた母親が女手ひとつで5人の子どもたちを育てる。高校卒業の後就職し、結婚・離婚を経験。その後ヨーロッパ留学、語学と秘書学を修め、オーストラリアで秘書として働く。当時の経験を生かし、帰国後は外資系企業を主な顧客とする人材派遣業会社であるテンプスタッフ株式会社を創業。2006年には東京証券取引所第一部上場。アメリカ『フォーチュン』誌による「世界最強の女性経営者」に2000年から9年連続で選出される。主な著書に『探そう、仕事の、歓びを。』(あさ出版、2007年)がある。

事業とは歓びを再生産していくこと 人の心を大切にする

青木お母様の影響があるのですね。しかし、起業当初というのは、苦労が絶えないものだと思います。どうやって当時を乗り切ったのですか?

篠原細々とですが経営をしていると、登録スタッフやスタッフを派遣した企業さまから「いい方を紹介してくれてありがとう」「いい仕事を紹介してくれてありがとう」って御礼を言われるんですね。わざわざお手紙をいただいたこともあります。そんな私を必要としている「ありがとう」の声に背中を押されて、ここまで続けられたと思っています。

青木用いられる歓びが苦境の中にも継続する力を生んだのですね。事業を通してお客様に歓ばれ、事業が社会に貢献する歓びを知り、その歓びが自分や社員たちを満たしていくという経営の流れがありますよね。そこにはとりつかれるような魅力がありますからね。

篠原欣子氏 篠原私がこれまでやってこられたのも才能があったからじゃなくて、みんなに助けられた結果だと思っていますから。初めは登録者も派遣を使ってくださる企業も なかった。その中で必死に探してお願いして、こちらが お願いしていることなのにお礼を言われる。そうすると本当にうれしいの。それでまた企業さまや働く人々の要求に応えようとしてがんばる。その繰り返しでやってきました。誠心誠意接すれば、向こうもそう返してくれる。今でもそれは変わりません。

青木最近はM&Aもされていますが、合併した会社の役員を自社の社員と入れ替えないなど、篠原流を貫かれているとお聞きしました。

篠原はい。M&Aも自分たちの論理で持ちかけるのではなくて、お互い一緒にやることでメリットがあり、シナジーが生まれる場合には、動きます。もちろん、条件面も、私たちだけが有利なのはいやなんです。相手にとってもいい条件だなと思えないと合併はしません。

青木仁志 青木取り繕ったりすることなく、誠実に真実を伝えられたのですね。篠原社長とお話していると、〝誠実さ に勝るスキルはない〟という言葉が浮かびます。経営者にとって一番重要なことは意思決定にあると思うんです。自分にとって不利な状況でも、根本的な善悪で判断することができる。

篠原ありがとうございます。今までたくさんの優秀な方々と一緒にお仕事をさせていただきましたが、みなさんから「篠原さんにだまされる気がしない」と言われますね(笑)。

青木それは至極名言ですね。素直な心が能力のある人との出会いを引き寄せ、誠実な篠原さんの人間性を見て、向こうも悪いことができないのでしょう。むしろ協力者になってくれる。

篠原おこがましい気もしますが、そういうことだと思います。

青木社員さんはもちろん、登録スタッフ、取引先の企業、ビジネスを共にする企業……。どの立場の方に対しても、愛にあふれていらっしゃいますよね。無償の愛とでもいうのか、母なる愛を感じますね。母性愛の経営とでもお呼びしましょうか。

篠原欣子氏 篠原なんて表現したらいいのかしら。社員に対しては、会社のために一生懸命に働いてくれる姿は愛おしいですよね。もっと成長してほしいと思いますし、そういう気持ちは母性に近いのかしら。

青木男性経営者と女性経営者の違いというものもあると思いますか?

篠原性別だけでは図れませんが、男性と女性では異なる傾向にはあると思います。男性は、敵を倒して前に進んでいく思考が強いですよね。反面、女性は子どもを育てる性ですから、安定性を重視したいと考えます。

青木なるほど。だからこそ、会社を取り巻くすべてを包み込むような経営をされるのでしょうね。普段社員の方々と接する時に気をつけていらっしゃることはありますか?

篠原私たちの仕事は人を扱うものですから、人の心を何よりも大切にしなくちゃいけないと思います。それは社内でも同じで、仕事においては社員に注意しないといけない時もありますよね。そんな時、いきなり否定的に「こういうことしたらダメじゃない」って言ったら、それで終わりですよね。でも、「この間はありがとう。もっとこうしたらいいんじゃない?がんばってね、頼りにしてるよ」って注意をほめ言葉や励ましといったプラスの言葉で挟むんですね。サンドイッチの法則と呼んでいるのですけど。褒められたことで共感性や信頼感が生まれますから、注意も素直に受け入れられますからね。こういった人間関係がすべての基本だと思っています。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP