著名人対談


vol.2

仕事の歓び、経営者の歓び

篠原欣子(テンプホールディングス株式会社 代表取締役社長)
1934年、5人兄弟の4番目として神奈川県横浜市に生まれる。8歳の時に国民学校の校長を務めていた父親を亡くし、その後は助産師をしていた母親が女手ひとつで5人の子どもたちを育てる。高校卒業の後就職し、結婚・離婚を経験。その後ヨーロッパ留学、語学と秘書学を修め、オーストラリアで秘書として働く。当時の経験を生かし、帰国後は外資系企業を主な顧客とする人材派遣業会社であるテンプスタッフ株式会社を創業。2006年には東京証券取引所第一部上場。アメリカ『フォーチュン』誌による「世界最強の女性経営者」に2000年から9年連続で選出される。主な著書に『探そう、仕事の、歓びを。』(あさ出版、2007年)がある。
篠原欣子氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.98より

1934年、5人兄弟の4番目として神奈川県横浜市に生まれる。8歳の時に国民学校の校長を務めていた父親を亡くし、その後は助産師をしていた母親が女手ひとつで5人の子どもたちを育てる。高校卒業の後就職し、結婚・離婚を経験。その後ヨーロッパ留学、語学と秘書学を修め、オーストラリアで秘書として働く。当時の経験を生かし、帰国後は外資系企業を主な顧客とする人材派遣業会社であるテンプスタッフ株式会社を創業。2006年には東京証券取引所第一部上場。アメリカ『フォーチュン』誌による「世界最強の女性経営者」に2000年から9年連続で選出される。主な著書に『探そう、仕事の、歓びを。』(あさ出版、2007年)がある。

社内外に思いを伝えるのが経営理念

青木事業は人が行うもので、人間関係が土台でありすべてですから、真心を持って経営をしていけばうまくいくのですよね。それだけなのかと信じがたい人もいると思いますが、本当のところはそこだと思います。「情けは人の為ならず」と昔から申しますが、回りまわって自分に返ってくるのです。私は人に用いられ、人を生かすことが経営の極意だと考えています。

篠原欣子氏 篠原おっしゃる通りです。昔から一貫して自然とやってきたことですけれど、事業をしながら人に助けられ、支えられることを通して、本当に人間関係なのだなということを実感しています。だからいつも心に留めていることは、人を尊敬する、感謝する……ということ。実は、どれも意識してやってはいないですけどね(笑)。それはもちろん社外の方に限らず、社内のスタッフに対してもですよ。

青木素晴らしいと思います。ただ、共に歩む社員たちにもっと良くなってほしいという想いだけ。そしてそんな私たちの生み出すサービスによって世の中を良くしていきたいと思い、行動していくこと。それを私は〝理念経営〟と呼んでいます。

篠原そうですね。確かに、私が仕事を通して大きく成長できたように、社員にも仕事によって人間的成長を遂げてもらいたいと思いますし、雇用を創造することで、〝働く歓び〟を多くの人に届けたいですからね。物ではなく、就業機会の提供を通じて想いを伝えていますから、それは〝理念経営〟をしているんでしょうね。

篠原欣子氏 × 青木仁志 青木今日お会いできて、篠原社長のような素直な誠実さで生きていきたいと心から思いました。良い企業には良い企業風土がある。良い企業風土は良い経営者の心のあらわれである。理念経営の本質を深く、自然体で教えていただきました。本当にありがとうございました。

篠原こちらこそ。ありがとうございました。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP