著名人対談


vol.21

「時」を制する勝利の哲学

米田功(徳洲会体操クラブ 監督、アテネオリンピック男子体操団体 金メダリスト)
7歳から体操を始める。中学時代には中学総体制覇を皮切りに、清風高校時代にはインターハイで個人総合優勝。順天堂大学を経て徳洲会体操クラブに進み、全日本学生選手権、全日本選手権、NHK杯で2回の優勝を果たす。2000年のシドニー五輪ではまさかの代表落選を経験するが、2004年のアテネオリンピックでは日本男子体操のキャプテンとしてチームを牽引。団体で28年ぶりとなる金メダルを獲得し、種目別の鉄棒でも銅メダルを獲得。2013年より徳洲会体操クラブ監督に就任。リオデジャネイロ五輪、東京五輪に向けて選手育成に携わる。各地で講演活動等も行い、体操の普及活動、体操解説等を行う。
米田功氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.140より

7歳から体操を始める。中学時代には中学総体制覇を皮切りに、清風高校時代にはインターハイで個人総合優勝。順天堂大学を経て徳洲会体操クラブに進み、全日本学生選手権、全日本選手権、NHK杯で2回の優勝を果たす。2000年のシドニー五輪ではまさかの代表落選を経験するが、2004年のアテネオリンピックでは日本男子体操のキャプテンとしてチームを牽引。団体で28年ぶりとなる金メダルを獲得し、種目別の鉄棒でも銅メダルを獲得。2013年より徳洲会体操クラブ監督に就任。リオデジャネイロ五輪、東京五輪に向けて選手育成に携わる。各地で講演活動等も行い、体操の普及活動、体操解説等を行う。

成功は未来ではなく今日一日の中にある

青木選手として、輝かしい大きな実績を残された米田監督ですが、現在は徳洲会体操クラブの監督を務められています。選手指導において最も重視していることはどんなことでしょうか?

米田時間の価値、もっと言うと「選手として過ごせる時間の価値」と言えます。私もそうでしたが、金メダルを取ることで人生が大きく変わりました。人生において転機と呼ばれることは数多くあると思いますが、当然、『オリンピックの金メダル』は現役時代しか経験することができません。選手として、余分なことを考えることなく、体操だけに集中できるという今の期間がどれほど大切で貴重なのかということを感じてほしいのです。

青木「現在」というのは、未来からの逆算によって全く違った時間の使い方になりますよね。逆に言うと、現在の時間の使い方が未来を決めると。

米田もし体操以外に何かやりたいことがあったとしても、それはオリンピックの後にいくらでもできます。次のリオデジャネイロオリンピックまでは1年を切りました。2016年の4月に開幕する選考会まではもう半年もありません。選手としての、この期間は帰ってこないんです。だから、シドニー後の自分がそうだったように、選手にはもう一心不乱に体操漬けの生活を過ごしてほしい。言い方を変えれば、それぐらいでないと結果を出すことは難しいでしょう。

青木成功は未来にあるのではなく、今日、目の前、今この瞬間にあるということですね。まさに、「成功は日々の実践の中にある」と言えます。

米田おっしゃる通りです。まさに選手に私もその言葉の意味を伝えたいのです。

自分の中にあるエンジンを把握する意味

青木仁志 青木しかしそうした時に直面することが、本人の願望がどれほど明確かということでしょう。どれほどオリンピックに出たいと言っていても、本人が本当に望んでいなければ行動は伴いませんね。

米田いかに選択理論を用いて、内発的に促すかが重要だと思います。今回スカラシップ研修を導入させていただいた理由にもつながりますが、自分がアテネオリンピックに向かうことができたモチベーションの源泉が、周囲への感謝からくる「自分への怒り」でした。同じように、選手たちの中にも「なぜ自分は体操をしているのか」、「どうしてオリンピックを目指すのか」を明確にして欲しいのです。自分の中にある、モチベーションの源となる「エンジン」を認識することで、日々の過ごし方が劇的に変化していくと思います。悔いのない選手生活を送って欲しいと切に願っています。

青木私も長年、成功を研究し、33万名以上の方々の研修を担当してきた経験から言うと、成功する人の本質にあるのは「人間力」です。利他の心、愛の心に基づく『ミッション』があると言い換えてもいいかもしれません。「自己中心的な自分」の方向によるモチベーションの方は短期での成功はあっても、長期的に見ても成功していく例は少ないですね。
ただ、米田監督のシドニーからアテネまでの4年間の「感謝の心」に基づくモチベーションのように、報恩感謝の姿勢や人の為に尽くせる度量があるなど、とにかく成功する人には、人間力があります。短期的には結果の差はあれど、そういう人の方が、長期的に見たときに成功していると言えるでしょう。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP