著名人対談


vol.21

「時」を制する勝利の哲学

米田功(徳洲会体操クラブ 監督、アテネオリンピック男子体操団体 金メダリスト)
7歳から体操を始める。中学時代には中学総体制覇を皮切りに、清風高校時代にはインターハイで個人総合優勝。順天堂大学を経て徳洲会体操クラブに進み、全日本学生選手権、全日本選手権、NHK杯で2回の優勝を果たす。2000年のシドニー五輪ではまさかの代表落選を経験するが、2004年のアテネオリンピックでは日本男子体操のキャプテンとしてチームを牽引。団体で28年ぶりとなる金メダルを獲得し、種目別の鉄棒でも銅メダルを獲得。2013年より徳洲会体操クラブ監督に就任。リオデジャネイロ五輪、東京五輪に向けて選手育成に携わる。各地で講演活動等も行い、体操の普及活動、体操解説等を行う。
米田功氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.140より

7歳から体操を始める。中学時代には中学総体制覇を皮切りに、清風高校時代にはインターハイで個人総合優勝。順天堂大学を経て徳洲会体操クラブに進み、全日本学生選手権、全日本選手権、NHK杯で2回の優勝を果たす。2000年のシドニー五輪ではまさかの代表落選を経験するが、2004年のアテネオリンピックでは日本男子体操のキャプテンとしてチームを牽引。団体で28年ぶりとなる金メダルを獲得し、種目別の鉄棒でも銅メダルを獲得。2013年より徳洲会体操クラブ監督に就任。リオデジャネイロ五輪、東京五輪に向けて選手育成に携わる。各地で講演活動等も行い、体操の普及活動、体操解説等を行う。

指導者の器の大きさが組織の器を決める

米田日々、選手が抱える葛藤としては、掲げた目標の高さに対して、先々への不安が生じます。その結果、練習中に変に考えすぎてしまい、あれこれ手法を変えてしまったり、こちらの意図していない行動をしてしまうなどが見受けられるのです。だから、「このままいけばうまくいく」道筋を示し、その道に確信を持たせていくことが私たち指導者のやるべきことですね。

青木選手や部下にしてみれば、指導者の発言を活かせるようには、まず「素直な心」が必要でしょう。そのためには、「指導者への確信」が重要になってきます。その確信をもとに、素直に実行し、継続を続けた結果、最終的に「自分への確信」につながっていく。それが結果につながります。だからこそ、指導者には部下が確信を持てるような器の拡張が、どこまでも求められるのです。

米田功 米田アチーブメントの学びを通して指導者としての器づくりの重要性をさらに深く認識できました。選手にのみ成長を求めるのではなく、私自身が自分を成長させ、伝達力・影響力を身に着けていく必要があると感じています。私もさらに学び続け、指導者としての器を拡張させ、彼らを勝たせていきたい。とにかく選手には、悔いのない選手生活を送って欲しいと切に願っています。

青木2016年にはリオデジャネイロオリンピックがあります。その先にはいよいよ東京オリンピックですね。

米田期間だけ見ると、「まだある」と思ってしまいますが、本当に一瞬だと思います。徳洲会から一人でも多くのオリンピック選手を輩出し、彼らを勝たせていきたい。それが自分の監督としての責任だと思います。ゆくゆくは指導者や子どもたちに選択理論を伝えながら、業界に貢献していきたいと思っています。

青木日の丸を背負うわけですから米田監督や選手たちへの期待は国家レベルの期待です。ぜひ日本の伝統競技の一つである体操でさらなる伝説を創っていただくことを期待するとともに、私も最大限、応援させていただきます。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP