著名人対談


vol.22

挑み続ける「頂点への道」

栗城史多(見えない山を登る、全ての人達と冒険を共有する登山家)
見えない山を登る、全ての人達と冒険を共有する登山家。1982年北海道生まれ。大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸の最高峰を登り、8,000m峰4座を単独・無酸素登頂。2009年からは「冒険の共有」としてのインターネット生中継登山を始める。「冒険の共有」は、一歩踏み出す人を増やすことを目的とし、見えない山を登っている全ての人達へというメッセージと共に発信。その活動が口コミで広がり、年間70本の講演を全国各地、また海外でも行う。エベレストには、気象条件の厳しい秋季に単独・無酸素で4度挑戦。2012年秋にエベレスト西稜で両手・両足・鼻が重度の凍傷になり、手の指9本の大部分を失うも、2014年7月にブロードピーク(標高8,047m)に単独・無酸素で登頂して、見事復帰を果たす。2015年秋にエベレストに5度目の生中継登山に挑戦し8,150m地点で下山となったが、これからも挑戦は続く。
栗城史多氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.139より

見えない山を登る、全ての人達と冒険を共有する登山家。1982年北海道生まれ。大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸の最高峰を登り、8,000m峰4座を単独・無酸素登頂。2009年からは「冒険の共有」としてのインターネット生中継登山を始める。「冒険の共有」は、一歩踏み出す人を増やすことを目的とし、見えない山を登っている全ての人達へというメッセージと共に発信。その活動が口コミで広がり、年間70本の講演を全国各地、また海外でも行う。エベレストには、気象条件の厳しい秋季に単独・無酸素で4度挑戦。2012年秋にエベレスト西稜で両手・両足・鼻が重度の凍傷になり、手の指9本の大部分を失うも、2014年7月にブロードピーク(標高8,047m)に単独・無酸素で登頂して、見事復帰を果たす。2015年秋にエベレストに5度目の生中継登山に挑戦し8,150m地点で下山となったが、これからも挑戦は続く。

リーダーに求められる『決断』

青木そこからの帰還は、いわば「宇宙からの帰還」とでも言えるでしょうか。優れたリーダーの特徴は『決断力』だと思いますが、決断は前に進む決断だけではありません。もう一つ、『引く決断』というものがあるのです。「槍の名人は突く速さよりも、引く速さのほうが速い」と言いますが、引く決断は、とても難しい。長期的・本質的・客観的視点から、適切に時機を逃さず『引く判断』ができることがリーダーの条件の一つだと思いますね。したがって、栗城さんの「下山する」という判断は実に賢明で、素晴らしい決断だったと思います。普通は、私心がでてしまうものなのですが、周囲の期待が大きい上に、そのような意思決定ができる方は多くはありませんね。引く決断をしたからこそ、また再び挑戦することができるのです。

栗城そのように言っていただけて嬉しいです。実は、出発前にご挨拶に行ったある方から、「必ず登頂するという欲望に打ち勝ちなさい」とお言葉をいただきました。僕は「必ず登頂します」と言いかけたんですけどね(笑)。もちろん、頂上を目指すのですが、そこに行く中で、自分の個人的な欲望に打ち勝っていくことは「人として試されたかな」と思っています。

米田功 青木私は成功とは『社会正義に反することなく、他の人々の欲求充足の手助けをしながら、自己の定めた目的・目標を自らの意志で達成していく道程のことである』と定義しています。栗城さんは、まさにこの定義に当てはまっているでしょうね。その生き方に、啓発された方がどれだけいらっしゃるか。成功は『点』ではなく『道程』。栗城さんの挑戦による人々への影響は計り知れません。

栗城深い成功の定義ですね。今の僕は実感して良くわかります。

登り続けるのは「否定の壁」への挑戦

青木栗城さんがそこまで登り続けることができる理由はなんでしょうか?

栗城人の心、特に「否定の壁」への挑戦をしたいからですね。かつて、僕が初めての海外遠征で選んだのが、北米大陸最高峰のマッキンリー。単独登山をすると言った時に、周囲から猛反対にあいました。それは心配からではなく、「無理だ」「何をバカなことを」という言葉でした。結果的に、成功したのですが、人間というものはすぐに可能性を否定してしまったり、「できない」という言葉によって、見えない壁をつくってしまう。今の日本の社会は、「失敗したらどうしよう」と思ってチャレンジできない空気が蔓延していると思います。僕がチャレンジしていくことで、皆さん自身が、〝一歩踏み出したくなる〟ような、そんな勇気を伝えられたらと思っています。やはり、今までチャレンジしてきて思ったのは、成功すれば一番いいですし、かといって失敗はだめだとも思いません。成功や失敗を超えた先の世界があるんじゃないか、というのが見えてきた世界でした。学びや成長、人とのつながり、「チャレンジすることでこんなに世界は広がるんだ」と実感しています。僕がずっと挑み続けてきている理由はここにあるのでしょうね。

無料CDプレゼント LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP