著名人対談


vol.22

挑み続ける「頂点への道」

栗城史多(見えない山を登る、全ての人達と冒険を共有する登山家)
見えない山を登る、全ての人達と冒険を共有する登山家。1982年北海道生まれ。大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸の最高峰を登り、8,000m峰4座を単独・無酸素登頂。2009年からは「冒険の共有」としてのインターネット生中継登山を始める。「冒険の共有」は、一歩踏み出す人を増やすことを目的とし、見えない山を登っている全ての人達へというメッセージと共に発信。その活動が口コミで広がり、年間70本の講演を全国各地、また海外でも行う。エベレストには、気象条件の厳しい秋季に単独・無酸素で4度挑戦。2012年秋にエベレスト西稜で両手・両足・鼻が重度の凍傷になり、手の指9本の大部分を失うも、2014年7月にブロードピーク(標高8,047m)に単独・無酸素で登頂して、見事復帰を果たす。2015年秋にエベレストに5度目の生中継登山に挑戦し8,150m地点で下山となったが、これからも挑戦は続く。
栗城史多氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.139より

見えない山を登る、全ての人達と冒険を共有する登山家。1982年北海道生まれ。大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸の最高峰を登り、8,000m峰4座を単独・無酸素登頂。2009年からは「冒険の共有」としてのインターネット生中継登山を始める。「冒険の共有」は、一歩踏み出す人を増やすことを目的とし、見えない山を登っている全ての人達へというメッセージと共に発信。その活動が口コミで広がり、年間70本の講演を全国各地、また海外でも行う。エベレストには、気象条件の厳しい秋季に単独・無酸素で4度挑戦。2012年秋にエベレスト西稜で両手・両足・鼻が重度の凍傷になり、手の指9本の大部分を失うも、2014年7月にブロードピーク(標高8,047m)に単独・無酸素で登頂して、見事復帰を果たす。2015年秋にエベレストに5度目の生中継登山に挑戦し8,150m地点で下山となったが、これからも挑戦は続く。

「頂点への道」を 歩み続ける

青木多くの方に感動を与えてくださったことに、アチーブメントグループと会員を代表して感謝を申し上げたいと思います。最後に今後の展望についてお聞かせください。

米田功 栗城本当に応援ありがとうございました。来年、再度チャレンジします。今度は中国側から登り、今度こそ『頂』に立ちたいと思っています。

青木素晴らしいですね。栗城さんには、登山家としても社会貢献家としても哲学をお持ちです。 自分の私利私欲ということではなく、その土台にある〝目的〟こそが大切だと思います。私で言えば、世界に選択理論とアチーブメントテクノロジー伝え、一切のあらゆる不幸をなくしていきたい。そういう意味では栗城さんと僕は社会を元気にする、良い社会を創ろうとする点では同志と言えると思います。

栗城僕だけが山を登っているのではなく、皆さんが自分自身の人生の山を登っていると思っています。まさに、青木社長がおっしゃるように一人ひとりが自分の人生の『頂点への道』を目指しているのだと感じますね。皆さんと共に、人生という山を登っていきたいです。

無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP