著名人対談


vol.23

社員の働きがいを生む
“人づくり”普遍の法則

森本尚孝(三和建設株式会社 代表取締役社長 /一級建築士)
1971年京都生まれ。大阪大学工学部建築工学科卒業、同大学院修了。大手ゼネコン勤務を経て、2001年、「サントリー山崎蒸溜所」をはじめ大手企業の建物・工場等を60年以上にわたり建設してきた三和建設株式会社に入社。2008年、4代目社長に就任。長年にわたり培ってきた豊富な実績を生かし、「単なる建設」を越えた、「顧客の真の要望とメリットを最優先した価値提案」にこだわり続ける。Great Place to Work® Institute Japan が実施する2016年版「日本における働きがいのある会社」ランキングにて2年連続でランクインする。著書に『「使える建物」を建てるための3つの秘訣』(カナリア書房)。
森本尚孝氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.142より

1971年京都生まれ。大阪大学工学部建築工学科卒業、同大学院修了。大手ゼネコン勤務を経て、2001年、「サントリー山崎蒸溜所」をはじめ大手企業の建物・工場等を60年以上にわたり建設してきた三和建設株式会社に入社。2008年、4代目社長に就任。長年にわたり培ってきた豊富な実績を生かし、「単なる建設」を越えた、「顧客の真の要望とメリットを最優先した価値提案」にこだわり続ける。Great Place to Work® Institute Japan が実施する2016年版「日本における働きがいのある会社」ランキングにて2年連続でランクインする。著書に『「使える建物」を建てるための3つの秘訣』(カナリア書房)。

Great Place to Work® Institute Japanが実施する「働きがいのある会社ランキング」。2年連続でランクインしたのが大阪に本社を置く三和建設株式会社である。 そこで今回は、同社の代表取締役社長の森本尚孝氏と、初参加で歴代最高順位にランクインしたアチーブメント株式会社の青木仁志が 社員の働きがいを高める施策と人づくりの普遍的な法則について語った。

青木「働きがいのある会社ランキング」2年連続のランクインおめでとうございます。

森本ありがとうございます。社員がそう感じてくれていることへの感謝が大きいですね。

青木仁志 青木御社も弊社も、特にそのランキングを意識した取り組みをしていないのにランクインしたということは共通していますね。ただ、「社員の働きがい」を高めることは多くの経営者が関心を持っていると思いますので、御社の、内発的動機付けに基づいた施策や仕組みづくりをお伺いできればと思います。具体的にはどの様なものでしょうか。

森本現在進めている施策として若手有志による委員会活動があります。テーマとしては、例えば「社内マナーの改善」があります。建設会社にはどうしても「男っぽい・荒っぽい」イメージがあるため、幅広い方に「感じのいい会社」だと思っていただくためのものです。また、建設現場は「埃っぽい」というイメージもあります。したがって、建設途中の美観や気持ちよく働ける環境、お客様がご覧になっても安心していただける“きれいな現場づくり”を行うなど、これら2つの取組みを若手社員が主体的に推進しているところです。

青木若手の方にお任せになるのは、適任かもしれません。若手の方が今後も主体的に改善していく習慣を身につけるための良い機会になるでしょう。まさに御社が掲げる「つくるひとをつくる」という理念があらゆる部分に出ていますね。この理念にはどんな思いがあったのでしょうか。

森本この言葉として明文化したのは最近ですが、考え方は創業以来のものです。色々な建物を建設していても、すべての根幹を創っているのは人。そして弊社はその「人」をつくっているという事実があり、信頼をベースにしたお客様との関係をつくり、維持することで、70年の社歴を刻むことが出来たと考えています。技術に注目しがちな業界ですが、人が主役であるという意識づけを全社員が意識できていると実感しますね。

青木していても、すべての根幹を創っているのは人。そして弊社はその「人」をつくっているという事実があり、信頼をベースにしたお客様との関係をつくり、維持することで、70年の社歴を刻むことが出来たと考えています。技術に注目しがちな業界ですが、人が主役であるという意識づけを全社員が意識できていると実感しますね。

森本日報というのはどうしても部下から上司への一方通行になりがちです。当社では報告だけに終わらず、考えていること、悩んでいることを含めて記入し、全社員に公開・共有する仕組みにしています。現在は試行錯誤の段階ではありますが、社員全員がオープンにしています。これによって、周囲がサポートしながら、上司と部下の硬直化した関係だけでは言いにくいことも解決の糸口が見つかればと、取組んでいるところです。また、『提案公募制度』と呼ばれる制度を実施しています。これは全社員から、業務改善、業務効率化、経費削減などにつながる提案を募集し、採用者には報奨金が授与されると言う制度ですが、言い換えれば、「よりよい企業づくりに全ての社員が貢献することができる」ということです。私の考える「働きがい」の核の部分は、自分が会社の原動力、あるいは何らかの貢献ができているという、実感があるかどうかだと思っています。つまり「自分の発言や行動が組織に影響を与えている」という感覚が、「働きがい」を高めていくと思うのですね。

青木素晴らしい取り組みですね。自らが常に経営に携わっているという自覚を育むということだと思います。

無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ 全国講演スケジュール チャレンジJAPAN(ジャパン) 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP