著名人対談


vol.23

社員の働きがいを生む
“人づくり”普遍の法則

森本尚孝(三和建設株式会社 代表取締役社長 /一級建築士)
1971年京都生まれ。大阪大学工学部建築工学科卒業、同大学院修了。大手ゼネコン勤務を経て、2001年、「サントリー山崎蒸溜所」をはじめ大手企業の建物・工場等を60年以上にわたり建設してきた三和建設株式会社に入社。2008年、4代目社長に就任。長年にわたり培ってきた豊富な実績を生かし、「単なる建設」を越えた、「顧客の真の要望とメリットを最優先した価値提案」にこだわり続ける。Great Place to Work® Institute Japan が実施する2016年版「日本における働きがいのある会社」ランキングにて2年連続でランクインする。著書に『「使える建物」を建てるための3つの秘訣』(カナリア書房)。
森本尚孝氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.142より

1971年京都生まれ。大阪大学工学部建築工学科卒業、同大学院修了。大手ゼネコン勤務を経て、2001年、「サントリー山崎蒸溜所」をはじめ大手企業の建物・工場等を60年以上にわたり建設してきた三和建設株式会社に入社。2008年、4代目社長に就任。長年にわたり培ってきた豊富な実績を生かし、「単なる建設」を越えた、「顧客の真の要望とメリットを最優先した価値提案」にこだわり続ける。Great Place to Work® Institute Japan が実施する2016年版「日本における働きがいのある会社」ランキングにて2年連続でランクインする。著書に『「使える建物」を建てるための3つの秘訣』(カナリア書房)。

「働きがい」を持つ 同志を集める

森本働きがいのある会社ランキング」についても、どんな人にとっても働きがいのある会社という意味ではなく、「働きがいのある会社だと感じている社員を集めている会社」という意味だと言えるでしょう。そのために弊社でも、御社の力も借りながら新卒採用に取り組んできましたが、理念共感型人財をいかに集めるかが発展の鍵になってくると確信しています。今後100年企業に向けて、持続的で安定した成長を目指すためにも、新卒採用で、理念に共感した人財をこれまで以上に充実させていく必要があると考えています。

青木まさに本質と言える視点かもしれません。企業の目的と自分の人生の目的をいかに一致できる人財を集めるかは発展の鍵ですね。最後に、クオリティ・カンパニーを目指すための、経営者としての心構えを教えていただけますでしょうか。

米田功 森本まず、第一に率先垂範で事に当る行動力が必要であると思います。経営者は「こんなに24時間考えているのだから、社員は自分の考えに従え」と思ってしまいがちです。しかし、社長は好き放題して社員には行動を強制しても、当然ながら人はついて来ません。したがって、「いかに日々、自問自答し、行動を律するとともに、自らが常に成長していけるか」が経営者として常に意識している部分ですね。

青木企業はトップで決まる、そのために絶対に不可欠な心構えですね。今回は、「働きがい」と言う観点で具体的な施策からお話をお伺いしましたが、その根底にある共通の思いについて確認できました。特に、中小企業経営者の方々の指針となれば幸いです。

森本 私も深い学びとなりました。ありがとうございました。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP