著名人対談


vol.3

世の中に用いられる
「大切にしたい会社」になるために

坂本光司(法政大学大学院 政策創造研究科教授)
1947年、静岡県生まれ。福井県立大学教授・静岡文化芸術大学教授などを経て、2008年4月より法政大学大学院政策創造研究科(地域づくり大学院)教授、法政大学大学院静岡サテライトキャンパス長および同大学院イノベーション・マネジメント研究科(MBA)兼担教授。国・県・市町や商工会議所等団体の審議会や委員会の委員も多数兼務。専門は中小企業経営論・地域経済論・福祉産業論。著書『日本でいちばん大切にしたい会社』(あさ出版)は刊行直後からメディアを賑わし、現在につづくロングセラーを記録。今では30万部を超え、2009年を代表する1作に数えられている。
坂本光司氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.113より

1947年、静岡県生まれ。福井県立大学教授・静岡文化芸術大学教授などを経て、2008年4月より法政大学大学院政策創造研究科(地域づくり大学院)教授、法政大学大学院静岡サテライトキャンパス長および同大学院イノベーション・マネジメント研究科(MBA)兼担教授。国・県・市町や商工会議所等団体の審議会や委員会の委員も多数兼務。専門は中小企業経営論・地域経済論・福祉産業論。著書『日本でいちばん大切にしたい会社』(あさ出版)は刊行直後からメディアを賑わし、現在につづくロングセラーを記録。今では30万部を超え、2009年を代表する1作に数えられている。

「大切にしたい会社」を広げるミッション

坂本青木社長の理念経営に関する活動については、私のゼミの生徒から話を聞いたりして、同じことを言っている人がいるんだなと関心をもっていました。〝元気印企業〟の第一の特徴は、「魅力的な経営者が存在していること」です。青木社長はこれまでの生い立ちの中で非常にご苦労されていると聞いています。そういった青木社長の原点から発せられるよい社会の創造への使命感は、社員をはじめ多くの人の心を打ちますね。

青木ありがとうございます。全国の中小企業に理念経営を広げ、世の中全体を明るくし、いじめ・差別のない社会を実現していくことが私の命の使い方です。忌憚なくおっしゃって頂きたいのですが、坂本教授は弊社をどのように感じられましたか?

坂本光司氏 坂本いい会社だと瞬間的に感じました。何千社と会社を訪問してきましたから、電話一本、玄関への一歩だけでわかります。社員の雰囲気とか社風とか、そういった総合的なものです。しかしね、すべて経営者ですよ。格差社会といわれて久しいですが、私は経営者格差が起こっているのだと思います。会社の格差は経営者の格差です。〝元気印企業〟経営の秘訣も、すべては経営者が、社員、社員の家族、社外社員ともいえる外注先の企業、そして顧客に対する影響力の大きさを自覚することからはじまるのです。青木社長は人財教育の事業を通して、私は講演や書籍を通じて、お互いに大切にしたい会社をつくっていければいいですね。

青木本日は本当にありがとうございました。感謝の出会いであるとしか申し上げられません。最後に、読者に向けて応援のメッセージをお願いできますか?

坂本光司氏 × 青木仁志 坂本私はこの世に神様がいるんじゃないかと思っています。いい加減な経営者は自然に滅びていきますが、正しい経営は滅びないことを歴史は証明しています。いつもブログに書くんです。「さあ、今週も前へ前へ頑張りましょう」と。「前へ前へ」はラグビーの用語ですが、未来に向かって歩こうという意味です。過去を変えることはできなくても、今日と明日は変えることができる。もし昔はよかったとか、こうすればよかったとか考える時間があるなら、今日と明日を変えましょうと。そうみなさんにメッセージしたいですね。

青木力強いメッセージをありがとうございました。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP