著名人対談


vol.32

欧米の成功哲学を超える
「志教育」が持つ可能性

下村博文(自民党 幹事長代行 元文部科学大臣)
1954年、群馬県生まれ。早稲田大学教育学部を卒業し、東京都都議会議員を経て、1996年衆議院議員に初当選。現在、当選7回。2012年12月の第2次安倍内閣発足時より文部科学大臣を務め、その他に内閣官房副長官、文部科学大臣、教育再生担当大臣などを歴任。9歳の時、父の交通事故死により生活苦となり、高校・大学を奨学金で卒業。その経験から、遺児を支援する「あしなが育英会」の副会長を務めている。また、大学在学中に開校した学習塾「博文進学ゼミ」を生徒数2000名超の進学塾に成長させた実績を持つ。著書に『9歳で突然父を亡くし新聞配達少年から文科大臣に』(海竜社)、『下村博文の教育立国論』(河出書房新社)などがある。
下村博文氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.147より

1954年、群馬県生まれ。早稲田大学教育学部を卒業し、東京都都議会議員を経て、1996年衆議院議員に初当選。現在、当選7回。2012年12月の第2次安倍内閣発足時より文部科学大臣を務め、その他に内閣官房副長官、文部科学大臣、教育再生担当大臣などを歴任。9歳の時、父の交通事故死により生活苦となり、高校・大学を奨学金で卒業。その経験から、遺児を支援する「あしなが育英会」の副会長を務めている。また、大学在学中に開校した学習塾「博文進学ゼミ」を生徒数2000名超の進学塾に成長させた実績を持つ。著書に『9歳で突然父を亡くし新聞配達少年から文科大臣に』(海竜社)、『下村博文の教育立国論』(河出書房新社)などがある。

欧米の成功哲学を超えた志教育・目的教育

青木仁志 下村ただ、私が強く感じるのが、欧米の成功哲学ではカバーできない部分があるということです。

青木と言いますと?

下村26歳で決意し、実際に58歳で文部科学大臣になった、そのときに気づいたんです。「これは目的ではなく手段だった」と。世間から見ると、「大臣になって成功した」といわれますが、私にとって、文部大臣という目標は、自らの理想とする教育理念、教育への思いを実現するための手段でしかなかったと、そのときに分かったんです。

青木確かに私も、ブリタニカでトップセールスになり、数多くのタイトルを目指して必死でした。そのときには達成感もありましたが、どこか空しさも感じていました。しかし29歳のときの『聖書』との出逢いによって、人生の目的に、縁ある人々を幸せにしたいという「愛」に即した目的が築かれたのです。私にとって全ての企業活動は、いじめ差別のない明るい社会を実現するための手段でしかありません。わが社の全ての研修プログラムの根幹においている選択理論心理学もそのための手段にしか過ぎないのです。

下村目標というのはあくまで人生の使命の中の具現化された一つではあるのですがそれが全てではありませんね。

木俣だからこそ、アチーブメントでは目的教育を伝えていますね。

青木はい、私は、成就・達成の意味を込めてアチーブメントを創業しましたが、それは決して「目標達成が全て」という意味ではありません。30年間一貫して伝えてきたのは、目標の土台にある目的の価値、「目的教育」です。よく目標と目的は混同されて使われることがありますが、この二つは明確に異なります。目標、願望、夢というのは、利己的とは言わないまでも、個人的な自己実現を指していることが多く見受けられます。しかし、目的や志というのは『利他的な要素』を含んだものであり、目標はあくまで目的実現のために存在します。「企業だけではなく個人も人生経営をしている」と松下幸之助翁もおっしゃいましたが、そこから考えるならば、企業理念と同じく、個人の「人生理念」という目的が非常に重要ですね。

下村夢と志の違いに関しては、全く同感です。大切なのは、その目標を達成して社会にどれだけ貢献できたか、人間的にどれだけ成長したか、人格が向上したかです。もっと言うと、私は個人的に輪廻転生を信じていますから、「自らの魂がどれくらい成長したか」が問われるのだと思っています。欧米の成功哲学は、個人レベルでの自己実現については述べられていますが、その部分が理論的に甘く、そこまでまだ深掘りできていないのです。

青木なるほど、そういうことですね。

下村ただ勘違いしていただきたくないのは、欧米の成功哲学の持つ価値です。先ほどもお伝えしましたが、私自身も欧米の成功哲学をもとにして、人生の目標を設定し、自己実現をしてきました。野球界でも花巻東高校がトータルな目標設定によって選手を育成していますが、目標設定は非常に重要です。私も含めての話ですが、「凡人を非凡に変える」という意味では欧米の成功哲学は素晴らしい理論です。

青木私も下村さんと同じく、天が与えた不遇な幼少期から、成功哲学の実践によって自己実現してきましたから同感ですね。まずは『成功哲学』に学び、その実行から始めることが非常に重要だと思います。

下村ところで、青木さんの『頂点への道』講座を受講し、20年、30年後の志を立てられる方は何人くらいいらっしゃるのですか?

青木多くの方が10年先なら描けるようになりますが、20年、30年先となると、100人中3~5名いるかいないかだと思います。

下村そうだろうと思います。30年経つと社会そのものが変わってしまいますからね。今から約30年後の「シンギュラリティ」はご存知でしょうか。

木俣AIが高度に発達して、人類の頭脳を上回り、労働時間はどんどん減少していき、今の人間の仕事の9割はロボットが代わりに行うという未来予想のことですね。

下村そうです。そんな時代が来るからこそ、私は今後ますます、「どう生きるか」が問われる時代に入っていくと思うのです。これまで物質的に豊かでなかった時代は、その日の生活に追われ、食べていくことで精一杯でした。しかし、誤解を恐れず言えば、それでは他の動物と何も変わりません。
将来、2045年にそんな時代が来るからこそ、「人間としての本当の生き方は何なのか」「人生とは何なのか」「生きるとはどういうことなのか」などが問われていくのだと思います。これは非常に重要な問題です。

青木AIに支配され、人間は仕事と一緒に生きがいまで奪われてしまうのか、それとも人間は今以上に充実した人生を歩めるのかという分岐点にいるのかもしれませんね。

特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP