著名人対談


vol.32

欧米の成功哲学を超える
「志教育」が持つ可能性

下村博文(自民党 幹事長代行 元文部科学大臣)
1954年、群馬県生まれ。早稲田大学教育学部を卒業し、東京都都議会議員を経て、1996年衆議院議員に初当選。現在、当選7回。2012年12月の第2次安倍内閣発足時より文部科学大臣を務め、その他に内閣官房副長官、文部科学大臣、教育再生担当大臣などを歴任。9歳の時、父の交通事故死により生活苦となり、高校・大学を奨学金で卒業。その経験から、遺児を支援する「あしなが育英会」の副会長を務めている。また、大学在学中に開校した学習塾「博文進学ゼミ」を生徒数2000名超の進学塾に成長させた実績を持つ。著書に『9歳で突然父を亡くし新聞配達少年から文科大臣に』(海竜社)、『下村博文の教育立国論』(河出書房新社)などがある。
下村博文氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.147より

1954年、群馬県生まれ。早稲田大学教育学部を卒業し、東京都都議会議員を経て、1996年衆議院議員に初当選。現在、当選7回。2012年12月の第2次安倍内閣発足時より文部科学大臣を務め、その他に内閣官房副長官、文部科学大臣、教育再生担当大臣などを歴任。9歳の時、父の交通事故死により生活苦となり、高校・大学を奨学金で卒業。その経験から、遺児を支援する「あしなが育英会」の副会長を務めている。また、大学在学中に開校した学習塾「博文進学ゼミ」を生徒数2000名超の進学塾に成長させた実績を持つ。著書に『9歳で突然父を亡くし新聞配達少年から文科大臣に』(海竜社)、『下村博文の教育立国論』(河出書房新社)などがある。

30年後の志を育む教育プログラムの持つ可能性

下村現代では、7、8割の人が、「自分は何のために生まれてきたのか」「今世における自分の使命は何なのか」という、誰もが持っている『人生の目的と使命』が分からないまま生涯を終えてしまっています。それに気づくことは「悟り」とも言えるでしょうが、だからこそ、そうした「気づき」を持てる機会が必要なのです。これまでは宗教がその役割を担っていたのかもしれませんし、今もその部分はあるのでしょうが、まだまだ不足しています。だからこそ、そこまで突き詰めて気づきを得られるような新たな『教育プログラム』を時代が求めていると思いますね。

青木今、世界中を見ても、私の知る限りそうしたプログラムはないでしょう。

下村だからこそ青木さん、そうした自分の使命や30年後の志を育む教育プログラムをあなたが開発したらいい。
まさにこれまで、そこに取り組まれてきたわけですから、ぜひ期待したいですね。他の研究者からの意見をまとめるというよりは、青木さんがこれまでやってこられたことをまとめ、深堀りしていく中に出てくるだろうと思います。どうでしょうか。

青木ありがとうございます。わかりました。今、下村さんにお言葉をいただきはっとしました。「人のもつ思考を具現化させる能力開発」が私の本分ですから、必ずや実現させてみせます。

下村ぜひ今度は教育について、さらに深い話をしていきましょう。

木俣目的教育の価値とこれからの教育の指針に多くの示唆をいただきました。ぜひ今後の展開に大きく期待したいと思います。

特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP