著名人対談


vol.4

成功する経営者の在り方

大久保秀夫(株式会社フォーバル 代表取締役会長)
1954年、東京都生まれ。國學院大學法学部卒業。大学卒業後、アパレル関係企業、外資系英会話教材販売会社に就職するものの、 日本的な年功序列体質や人を使い捨てにする経営方針に納得できず、退社。
1980年、25歳で新日本工販株式会社(現在の株式会社フォーバル)を設立、代表取締役に就任。上場審査の厳しかった当時では、創業して8年2カ月という異例のスピードで、1988年、日本最短記録を最年少(当時)で店頭登録銘柄(現JASDAQ)として株式を公開。同年、社団法人ニュービジネス協議会から「第1回アントレプレナー大賞」を受賞。
その後も、情報通信業界で数々の挑戦を続け、国内3社、海外1社、合計4社の会社を上場させ、従業員数約1100名、法人クライアント数10万社、上場会社2社を含むグループ企業23社を抱えるベンチャーグループに成長させた。2010年、社長職を退き、代表取締役会長に就任。会長職の傍ら、講演・執筆、国内外を問わずさまざまな社会活動に従事。カンボジアにおける高度人材の育成を応援する公益財団法人 CIESF(シーセフ)理事長も務める。さらに、東京商工会議所特別顧問、中小企業国際展開推進委員会委員長、NPO法人元気な日本をつくる会理事長 、早稲田大学商学学術院客員教授なども務めている。
大久保秀夫氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.113より

1954年、東京都生まれ。國學院大學法学部卒業。大学卒業後、アパレル関係企業、外資系英会話教材販売会社に就職するものの、 日本的な年功序列体質や人を使い捨てにする経営方針に納得できず、退社。
1980年、25歳で新日本工販株式会社(現在の株式会社フォーバル)を設立、代表取締役に就任。上場審査の厳しかった当時では、創業して8年2カ月という異例のスピードで、1988年、日本最短記録を最年少(当時)で店頭登録銘柄(現JASDAQ)として株式を公開。同年、社団法人ニュービジネス協議会から「第1回アントレプレナー大賞」を受賞。
その後も、情報通信業界で数々の挑戦を続け、国内3社、海外1社、合計4社の会社を上場させ、従業員数約1100名、法人クライアント数10万社、上場会社2社を含むグループ企業23社を抱えるベンチャーグループに成長させた。2010年、社長職を退き、代表取締役会長に就任。会長職の傍ら、講演・執筆、国内外を問わずさまざまな社会活動に従事。カンボジアにおける高度人材の育成を応援する公益財団法人 CIESF(シーセフ)理事長も務める。さらに、東京商工会議所特別顧問、中小企業国際展開推進委員会委員長、NPO法人元気な日本をつくる会理事長 、早稲田大学商学学術院客員教授なども務めている。

「余命3ヶ月」の死生観が、本質的決断を生み出す

青木私は、「理念経営」の重要性を提唱していますが、自分の魂を欺くことなく、魂の決断をくり返し、規模を拡大されてきた実践者である大久保会長のお話に、非常に重みを感じます。ここまで大久保会長を駆り立ててきたものは、何だったとお考えですか?

大久保秀夫氏 大久保「死生観」ですね。友人が大学病院の教授をしているのですが、ガンに罹患した患者のほとんどの方が、「私の人生は何だったのだろう」と問うそうです。そしてだいたいが、高学歴で、いい会社に就職して、出世したような、他人との競争のなかで生きてきて、勝つことが評価であり、存在価値だったような人たちなんだそうです。ところが、稀に数%、「すごくいい人生だった」と言う人がいると。いい学歴でもないし、いい会社に入ったわけでもない。しかし「いい母ちゃんと出会って何々で」と自慢をするそうなんですよ。そしてそうした方が亡くなると、家族がご遺体のそばを離れないと。勝ち負けとは、死ぬ時に自分の心が評価を下すものであって、他人との比較による評価なんて、架空のものなのですね。自分でふり返った時に、自分の生き様に対して、納得することができた人は、皆「勝ち組」なんだと思います。自分の死をどれだけの人が悼んでくれるのか、企業バリューも個人も、「ありがとう」の数をどれだけ獲得できたかなんですね。

青木大切にするべき人を大切にする。当たり前のことですが、身近な存在だけに、ないがしろにしてしまいがちですよね。生まれてきたからには、家族だけでなく、社員をはじめ、自分と関わる人たちから、別れの時に惜しまれる存在でありたいものですね。

大久保私は「余命3ヶ月」という言葉が口ぐせなのですが、5歳の時に、大きな事故に遭ったんです。本当なら即死だと言われました。つまり、一度死んだ命だと思っているんです。あと3ヶ月しかないと思うと、出世に何の意味があるのか、お金が増えたからって何なんだ、となります。人に対する考え方だって、こんなことを言ったら傷ついてしまう、嫌われると思うより、今ここで教えなければまずいと、言霊が入りますよね。人間は、99%、損得で生きています。「心の決断」です。しかし、あと3ヶ月なんだと思うと、本質に近づき、行動を起こすことができる。こうした死生観をもつことは、人間として、経営者として、「在り方」を学ぶ大きなポイントになるのではないかと思っています。そして、そうした死生観を背負った「在り方」が、「決断」という、経営者の武器となり、時に守ってくれる存在の礎になるのだと思います。

大久保秀夫氏 × 青木仁志 青木大久保会長の生き様と言いますか、一瞬たりとも気を抜くことのない、真剣勝負の姿勢に、胸が熱くなる思いです。大久保会長とは、人材育成と通信業界と、身を置く分野は違いますが、事業を通じて日本社会をよくしていきたいという目的地に向かって、軌を一に、これからも切磋琢磨し、刺激しあっていければと思います。本日はありがとうございました。

大久保こちらこそ、ありがとうございました。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP