著名人対談


vol.6

日本一を生み出す組織運営の秘訣

相川佳之(SBCメディカルグループ 総括院長)
1970年、神奈川県生まれ。薬局チェーンを営む両親のもと、跡取りとして育ち、日本大学医学部へ進学。1997年大学卒業。癌研究所付属病院麻酔科勤務の後、1998年大手美容外科に勤務。当時、日陰の存在だった美容外科業界の裏側を知り、「理想のクリニック経営」を夢見、2年で独立。2000年神奈川県藤沢市に湘南美容外科を開院。その後、年3、4院のペースで開院、2012年3月現在、全国に24院を展開する。最新のマーケティング手法にも積極的に挑戦、テレビをはじめとしたメディアへの露出も多く、知名度を上げている。患者の気持ちに寄り添い、不安や恐怖心に応えるため、ホームページには15000件にのぼる体験談を掲載。術後にアフターフォローのメールを配信するなどといったきめ細かい配慮も支持を集める理由のひとつ。業界を牽引する注目の若手旗手である。
相川佳之氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.118より

1970年、神奈川県生まれ。薬局チェーンを営む両親のもと、跡取りとして育ち、日本大学医学部へ進学。1997年大学卒業。癌研究所付属病院麻酔科勤務の後、1998年大手美容外科に勤務。当時、日陰の存在だった美容外科業界の裏側を知り、「理想のクリニック経営」を夢見、2年で独立。2000年神奈川県藤沢市に湘南美容外科を開院。その後、年3、4院のペースで開院、2012年3月現在、全国に24院を展開する。最新のマーケティング手法にも積極的に挑戦、テレビをはじめとしたメディアへの露出も多く、知名度を上げている。患者の気持ちに寄り添い、不安や恐怖心に応えるため、ホームページには15000件にのぼる体験談を掲載。術後にアフターフォローのメールを配信するなどといったきめ細かい配慮も支持を集める理由のひとつ。業界を牽引する注目の若手旗手である。

ミッションとの出合いが、パワーの源

青木「今、まさに登っているぞ」という高揚感ですね。専門性があって優秀な人物をマネジメントすることに頭を悩ましている企業は多いと思います。ドクターは、その最たるものではないかと思うのですが、どうですか?

相川おっしゃるとおりです。率直に言ってしまえば、「利」があること。とくに我々の世代のドクターであれば、一緒にいることによって、利、つまりメリットがあることが重要だと思うんですね。

青木なるほど。相手の望みをきちんと叶えてあげるということですね。

相川佳之氏 相川はい。収入ではなくて、とにかく技術を向上したいという先生であれば、どんどん海外に行ってもらって、教育担当になってもらったり、利益を目指す先生であれば、新しい医療機器などに投資をして、手術を頑張ってもらうとか。求めているものは、本当に人それぞれだと思います。アチーブメントを受講してから、一人ひとりと面接して、「あなたの望みは何ですか」と聞きました。「どういうビジョンで、収入、地位、スキルはどのくらいを考えているのか」と話し込み、「一緒に必ず達成しましょう」と伝えたんです。離職率が圧倒的に減り、一体感が生まれました。 今振り返ると、アチーブメントと出合う前までは、目標から上の部分が強くて、頭打ち感もありました。受講していくなかで、本当に自分が達成しなければならないミッション、お客様、スタッフ、社会に貢献できる「三方善しの伝説のクリニックをつくる」というミッションを手にすることができたんです。もともと馬力はあったと思います。でも、やみくもに「日本一になるんだ」と数字を追いかけているうちは、400CCのエンジンを目一杯使って、ガソリンがスカスカな状態で走っていた。それが、「三方善しの伝説のクリニックになる」と、動機と目標が変わったことで、エンジンがガス欠しなくなったんですね。とにかくお客様の声を拾って、問題点があれば、改善し、喜びの声はスタッフに共有してモチベーションをあげてもらう。「伝説のクリニック」を目指すことで、もっともっとスタッフを喜ばせることができ、お客様に貢献することができ、社会に貢献することができる。そう、心から思えるんです。

青木相川先生は、すごく素直な方だと思うんですね。「何が一番大切なのか」ということに対して、合わせていける柔軟さを持ち合わせていらっしゃるなという印象です。

相川そうですね、素直なほうだと思いますし、素直であろうとしています。松下幸之助さんを真似して、「もっと素直になれますように」と毎朝唱えています。何でも一回自分のなかに受け入れて、トライしてみて、よければ残す、ダメなら変更するという、トライアンドエラーをひたすらくり返してやってきました。我が家は、体験することにお金を惜しまない教育方針だったんです。旅行やスポーツ、趣味など、いろんなことに首を突っ込んで……。それは今も変わらないですね。そうした経験が、美容外科だけでなく、美容皮膚科や歯科、レーシック、植毛といった幅広いサービスの創出に繋がっていると思います。

相川佳之氏 × 青木仁志 青木多くの経験を積むことで、多面的に物事を考えられるようになり、問題解決能力が培われてきたのでしょうね。仮説構築能力というか、どうしたら問題を解決できるのかという思考が、幼少時代の経験を通して、身についたのでしょう。相川先生ご自身が、日本一を目指しながらも、趣味やプライベートも充実させ、人生を楽しんでいらっしゃり、その充実感が、経営においてエネルギーに変換されていることがよく伝わってきます。まさに「成功のサイクル」ですね。アチーブメントとの出合いが、相川先生にとって、意義深い邂逅であったことは、私にとっても感慨深く、感謝の念に堪えません。日本の美容外科業界を変えていく存在として、SBCグループのますますのご発展をお祈りしています。

相川ありがとうございます。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP