著名人対談


vol.8

社員第一の“非常識”な経営術

山本敏行(ChatWork株式会社 代表取締役)
昭和54年3月21日、大阪府寝屋川市生まれ。1997年、中央大学商学部の夜間部へ入学。2000年、留学先のロサンゼルスにて、パソコンが得意だった弟と一緒に株式会社EC studio(現ChatWork株式会社)を起業。帰国後2004年、法人化したが、社員の流出が相次ぎ、2005年に1000人の経営者に会う中で、経営の本質は「社員満足」にあると気づく。その後「社員第一主義」を貫き、労働環境を良くするためにITを経営に徹底活用したことで、組織診断サーベイにおいて2年連続で『日本でいちばん社員満足度が高い会社』に認定される。中小企業を支援するためにITを活用した事業を多数展開。2012年、クラウド型ビジネスチャットツール「ChatWork」事業に一本化し、社名も変更。シリコンバレーに子会社ChatWorkIncを設立し、アメリカを起点に世界展開を図る。
ChatWorkサービスURL:http://www.chatwork.com/ja/
山本敏行氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.120より

昭和54年3月21日、大阪府寝屋川市生まれ。1997年、中央大学商学部の夜間部へ入学。2000年、留学先のロサンゼルスにて、パソコンが得意だった弟と一緒に株式会社EC studio(現ChatWork株式会社)を起業。帰国後2004年、法人化したが、社員の流出が相次ぎ、2005年に1000人の経営者に会う中で、経営の本質は「社員満足」にあると気づく。その後「社員第一主義」を貫き、労働環境を良くするためにITを経営に徹底活用したことで、組織診断サーベイにおいて2年連続で『日本でいちばん社員満足度が高い会社』に認定される。中小企業を支援するためにITを活用した事業を多数展開。2012年、クラウド型ビジネスチャットツール「ChatWork」事業に一本化し、社名も変更。シリコンバレーに子会社ChatWorkIncを設立し、アメリカを起点に世界展開を図る。
ChatWorkサービスURL:http://www.chatwork.com/ja/

社員を幸せにするために一番重要なのは社長の決意

青木成功している経営者の話を聞く中で出てきた結論が、「社員第一」の経営だったのですね。社員満足を高めるための施策はたくさん試されたかと思うのですが、特に効果的だったものは何でしょうか。

山本敏行氏山本ランチトーク制度というものですね。社員の生の声を聞くためにはどうしたらよいかと考えていたのですが、一対一の面談ではあらかじめ考えてきたことを話すので、なかなか本音が出てきません。そこで、1か月に1度を目安に、上長と部下が互いに誘いあって1対1でランチに行き、気軽に雑談をしながら、相談にのったり意見を言ったりする機会をつくることにしました。それが、ランチトーク制度です。その時のランチ代は会社が支給しています。この時間でのやり取りが、社員の課題解決につながったり、吸い上げたアイデアから新たな施策も生まれています。ただし、こうした施策はあくまでも手段です。一番大切だと思っているのは、経営者が社員第一主義でいくという覚悟を持つことだと思います。

青木なるほど。施策の前提として、経営者のマインドが大切なのですね。これまで社員第一主義を実践されてきて、何が経営のポイントだと考えていらっしゃいますか。

山本そうですね。特に意識しているのが、「社員を首にしないこと」「感情的に怒らないこと」です。
たとえば、ある部署で成果を出せない社員がいたとしても、「どうしたらこの人は能力を発揮できるだろうか」と、とことん考えます。部署を変えたり、新設したりして、その人が輝ける方法を徹底的に探します。また、売上が増えると人を増やしたくなりますが、採用の際には、「この人は本当にうちにマッチするか」という点は慎重に見るようにしています。

感情的に怒らないのは、恐怖心からくる動機づけは長く続かないからです。しかも、怒られて怖いと思うと、怒られないような提案しか上がってこなくなります。だから、間違っている点については論理的に指摘はしますが、感情的に怒らないように心がけています。

青木仁志 青木それは大切なことですね。ところで、社員満足度を上げる方策として、10連休が年4回、全社員にiPhoneを支給しているなど以外に、会社に電話がない、顧客に会わないなど、通常の会社であまり聞かないことも行われています。これはどのような意図があるのですか。

山本敏行氏 × 青木仁志 山本一般的に、会社では理念やビジョン、社是、社訓などで自分たちが目指すことを定めます。そのすべてが大切で、全部を実行しなければならないとなると、どれも中途半端になり、残業したり無理したりするようになります。そこで、私たちは「しないこと」を先に決めました。当社の理念は「Make Happiness」で、それを追求するために「私たちはITを通して幸せを創り出します」と定めています。その実現のために「しないこと14カ条」を策定し、その中でインターネットを活用できないことはしないと決めたので、たとえば、電話営業をすれば売上アップは見込めますが、電話は使わないことにしています。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP