著名人対談


vol.8

社員第一の“非常識”な経営術

山本敏行(ChatWork株式会社 代表取締役)
昭和54年3月21日、大阪府寝屋川市生まれ。1997年、中央大学商学部の夜間部へ入学。2000年、留学先のロサンゼルスにて、パソコンが得意だった弟と一緒に株式会社EC studio(現ChatWork株式会社)を起業。帰国後2004年、法人化したが、社員の流出が相次ぎ、2005年に1000人の経営者に会う中で、経営の本質は「社員満足」にあると気づく。その後「社員第一主義」を貫き、労働環境を良くするためにITを経営に徹底活用したことで、組織診断サーベイにおいて2年連続で『日本でいちばん社員満足度が高い会社』に認定される。中小企業を支援するためにITを活用した事業を多数展開。2012年、クラウド型ビジネスチャットツール「ChatWork」事業に一本化し、社名も変更。シリコンバレーに子会社ChatWorkIncを設立し、アメリカを起点に世界展開を図る。
ChatWorkサービスURL:http://www.chatwork.com/ja/
山本敏行氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.120より

昭和54年3月21日、大阪府寝屋川市生まれ。1997年、中央大学商学部の夜間部へ入学。2000年、留学先のロサンゼルスにて、パソコンが得意だった弟と一緒に株式会社EC studio(現ChatWork株式会社)を起業。帰国後2004年、法人化したが、社員の流出が相次ぎ、2005年に1000人の経営者に会う中で、経営の本質は「社員満足」にあると気づく。その後「社員第一主義」を貫き、労働環境を良くするためにITを経営に徹底活用したことで、組織診断サーベイにおいて2年連続で『日本でいちばん社員満足度が高い会社』に認定される。中小企業を支援するためにITを活用した事業を多数展開。2012年、クラウド型ビジネスチャットツール「ChatWork」事業に一本化し、社名も変更。シリコンバレーに子会社ChatWorkIncを設立し、アメリカを起点に世界展開を図る。
ChatWorkサービスURL:http://www.chatwork.com/ja/

社員満足度日本一は結果であって目標ではない

青木しないことを決めているのは、面白いですね。現在、御社の社員は30名ですよね。社員が増えるとさまざまな難しい問題が出てくるものですが、社員満足度を上げるために、専門的なアドバイスを受けられたのですか。

山本敏行氏 山本社員満足度向上のためのコンサルティングや研修を受けたことはありません。実は、組織診断テストを受けたのも、潜在的な声を引き出そうと思ったからなんです。それで出た結果が日本で1番になったのですが、最初は30人の小さな会社だからだろうと言われました。しかし2年目にも1番になり、前年よりも改善が見られたので注目され、ワールド・ビジネス・サテライト、NHK、CNNなどに取り上げていただきました。私たちの働き方を知ってもらい、結果として、知名度の向上にもつながりました。

青木仁志 青木実績は実在なり。社員を幸せにしたいと思うだけでなく、それを実行し、それが実績となって現れているのは素晴らしいですね。私自身も、社員満足が高い会社が最後に生き残ると思っています。なぜなら、社員が働きやすい会社は社会的にも評価が高まり、良い人材を集めやすくなるからです。その意味でいうと、社会的な注目度が上がっていたEC Studioから、最近、ChatWork株式会社へと社名を変えられたのは、どうしてですか。

山本これまでITのツールで業務効率・社員満足を高める方法を、いろいろなサービスを揃えてサポートしてきましたが、中小企業の場合、コストやITスキルの問題でなかなか全部を導入できないという声がありました。そこで、これまでのサービスの集大成としてチャットワークという新しいサービスを開発しました。社運をかけて、このサービス一本に絞り込み、10個以上あった他事業は取引先やグループ会社に、売上・ホームページ・顧客を含めて全て無償譲渡し、社名も思い切ってChatWork株式会社にしたんです。

青木それはどのようなサービスなんですか。

山本敏行氏 × 青木仁志 山本簡単に言うと、「社内のメールをやめましょう」というサービスです。メールは誤送信のリスク、迷惑メールによるメールの洪水など、ビジネス・コミュニケーションのツールとして、もはや限界がきています。チャットワークはそれらの問題を全て解決した次世代のコミュニケーションサービスです。社内メールをチャットワークに置き換えれば、組織の生産性が上がり、コミュニケーションが円滑になって社員のストレスが減り、社員満足度も高まります。試験導入しやすいように40人まで無料で使えるようにもなっているので、興味が湧いたら試していただけると嬉しいですね。

青木生産性が上がって、社員が働きやすくなるなら言うことなしですね。今後のビジネス展開はどのように考えていらっしゃるんですか。

山本日本だけでなく、全世界でシェアを取りにいこうと考えています。日本国内はKDDIさんと業務提携させていただいているのですが、全世界のプラットフォームにするべく、シリコンバレーに会社をつくりました。私自身も8月下旬にシリコンバレーに移住して、国産のビジネスツールを世界のプラットフォームにするべく社運をかけてチャレンジします。

青木とてもチャレンジングで、面白いですね。社員が幸せということは、社長にとって一番幸せなことですが、簡単なことではありません。御社の取り組みを伺って、本当に見習うべき点が多いと感じました。今後もぜひ社員第一主義を貫きながら、世界を舞台にご活躍されることを楽しみにしています。本日は本当にありがとうございました。

無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP