青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

アチーブメントがF3協会のメインパートナー企業に選ばれた

2009年10月2日

091002_06.jpg10月1日、大変嬉しいニュースがあった。
それは、弊社がモータースポーツの分野で世界基準の1つである、
F3の冠スポンサーとして承認され、ニュースリリースが流れたことである。
F3の世界は1988年から3年ほど、パナソニックが冠スポンサーを務めていた
実績があるが、そのパナソニックに次いで、メインスポンサーとして私たちを
F3協会が選んでくださった。
来年からは「アチーブメント全日本F3選手権シリーズ」として
開催されることになる。
本当に嬉しいことである。
社員100名程度の弊社をパートナー企業として選んでいただけたことは、
私どもの事業内容が人材育成コンサルティングという分野で社会性が
あるという評価をしていただいたということだ。
改めて気持ちを引き締めて事業にも取り組んでいかなくてはならないと思っている次第である。
これからアチーブメントは世界のアチーブメントを目指して、さらに社内の基準を高め、
人材教育業界において世界最高峰のチームを目指し、社員一丸となって取り組んでいく所存である。
1日と2日の2日間は23期のキックオフ会議を行い、
全部署の23期の取り組みを共有し合った。
弊社にはノルマはない。
各部署がそれぞれ考え、そして立てた目標を自ら達成していく
文化を大切にしている。
アチーブメント本体、アチーブメント出版
アチーブメントダイニング株式会社のグループ3社で、
創業第25期、36億円が各営業部門から出てきた
中期目標である。
そこから逆算して、今期の目標に全社員で取り組んでいこうと
してくれている前向きな姿勢に心から感謝している次第である。
昨日の夜のキックオフパーティーも社員が心ひとつになり本当に楽しいパーティーが開かれた。
アチーブメントという組織体が今1つの生き物として、組織力をもって社会に貢献していく取り組みをしている。
全社員の物心共に豊かな人生の実現、そして私どもに縁ある方々に対する貢献を目的として、
これからも目的経営を貫いていきたいと考えている次第である。
日々感謝感謝の連続である。
091002_01_03.jpg

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP