青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

社員への情熱メッセージ

2006年09月5日

これからしばらくは私が弊社社員に向けてメッセージしている内容をブログに紹介していこうと思います。
<社員に期待すること>
まず、弊社における能力の査定は明確である。
自分が「やります」と言ったことを実行することが出来るということである。
言い換えれば「言行一致」こそ、私が社員に求めることである。
人の気持ちは弱い、やりたいことに流れる傾向がある。
楽なほうに楽なほうにと流されやすいものだ。
いろいろ結果に対して説明は出来るが、結論は成功か失敗かである。
「成功に説明は要らない、同じように失敗にも説明は要らない。」
失敗の説明のことを言い訳という。
私は言い訳を言わない人材だけで組織を固めたいと思っている。
経営者が社員を見るとき一番大切にしているには考え方(価値観の一致)である。
次に能力(遂行能力)、そして何といっても誠実であること。
誠実さを補うスキルは存在しない。
嘘は一番良くない。意識的につく嘘は論外だが、無意識についている嘘もある。
「やります」「やります」と言ってやらないことは結果的には嘘をついたことになる。
私は父親の倒産や特別な家庭環境から早く社会に出た。
私には学校歴が無い。その分プロの世界で学習歴や実歴を積んできた。
信用が生命線だ。あらゆる信用が仕事の基本である。
とにかく信用できる人材は言葉と行為が一致している人間である。
社員には是非、人間として他の人から尊敬され信頼される人間になってもらいたい。
成功を望む前にあてにされる人間になること。
あいつは言ってもやらないよ。
口ばっかりだからと言われたら実業の世界では終わりだ。
是非、あてに出来る人間になってほしい。
最も信頼できる人間に仕事は集まる。
そしてリーダーになっていく。
自己実現の階段を駆け上がってきて欲しい。
早く共に経営を語ろう。
その為にも今の仕事を厳格に、誠実に、誰よりも情熱を持って見事にやりきり、成果を出すことが自分のステージを高める唯一の方法だ。
プロは結果で語る。
いつも期待しています。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP