青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

社員教育は社長の仕事

2011年10月15日

先日の全社会議で、目的、目標をもって生きることの大切さを
社員に伝えた。
PA110636s.JPG
先日のニュースで、イチロー選手の
年間200本安打の連続記録が途絶えたと報じられた。
イチロー選手は、これまで「年間200本のヒットを打つ」ことを
目標として練習に練習を重ね、体調管理を万全にし、
あらゆる準備を整えていたと思う。
 
記録が途切れてしまったことは残念だが、
それでも10年連続200本安打という記録は偉大な記録である。
では、弊社の社員は目的目標をどのように考え立てる必要があるかということだが、
目標の上位概念である目的から目標達成に対するこだわりがが生まれると伝えた。
例えば、新卒採用チームのメンバーの今期の目標は、
弊社の理念・ビジョンに共感し、達成能力の高い、
世界最高峰を目指すわが社の採用基準を満たす超優秀人材を20名採用することだ。
 
コンサルタントの目標は、一人でも多くのお客様へ有形無形の価値ある商品の普及を通じて、
自ら定めた貢献目標を達成することだ。わが社の商品は「達成の技術」である。
それを研修プログラム化して提供しているということを伝えた。
つまり、目標とは具体的でなければならない。
具体的な思考から具体的な行動が生まれ具体的な成果がつくられる。
シンプルな法則である。
思考を具体化し、いかにそこに向かって行動できるか。
具体的な形を作ることができるか。これが能力開発の本質である。
勝間和代さんがアカデミックスマート(非常に高学歴で知識人)と
ストリートスマート(ビルゲイツやスティーブジョブスのように、
人生の目的が明確になるとさっさと大学を辞めて、
実業したりプロの世界で成果を出している人々)という表現を使っているが、
社会で実業の世界で成功している人は例外なくストリートスマートである。
成果を出せる能力がなければ実業の世界では通用しない。
例えば、弊社には営業成績に応じてタイトルが決められている。
PA110637s.JPG
これは決して褒美で釣る目的で設定されているわけではない。
商品の普及を通じたお客様への目標達成の技術の提供
という思考を、より具体化し、行動で形にするための
ひとつの目安として設定されている。
 
そして、高い目標を目指すほど、心から理念に生きなければ、
達成することができないということを、身をもって知るのである。
 
自分なりにタイトルに意味を見出し、
目標設定することによって、
結果が形として現れる。目的は、実践まで一貫して完結して、
はじめて達成されるのである。
創業25期を迎え、私は今まで以上に「達成」にコミットしている。
経営者として、社員と共に、お客様に最高のサービスを提供し、これを成し遂げていきたい。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP