青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

正しさは自分の解釈である

2016年08月26日

人間関係に問題を持つ人の共通点は、
自分の正しさによって相手を攻撃し傷つけることにある。

自分が優秀で頭が良いと思っている人間に限って、
最も愚かな人間関係を破壊する行動を選択している。

本人は選択しているとは自覚していない。
相手の誤りを正すことは正しいことだと考えているからだ。

大切なことは、健全な妥協をすること。

そして、その正しさが人徳のなさ、
人間の器の小ささの証明になっていることに気づくことが大切である。

人の上に立てる人間と、能力は高いと言われても、人を使えない、
人とうまくやっていけない人間の差は、一言で言えばその外的コントロールにある。

正しさは信念となり戦いを起こす。
正しさは自分の解釈である。

職場、家庭、学校、地域社会、
ありとあらゆる所で外的コントロール心理学が人間関係を破壊している。

自分では優秀だと自己評価していて、
組織で上に上がれない人は人間関係に問題があると考えて間違いない。

先日、トヨタの奥田相談役とお食事を共にさせて頂いた時に、
社員は学歴偏差値と人間力偏差値があり、
大企業は両方が高くないと上には中々上がれないと仰っていたことを思い出した。

 

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は55冊、36万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP