青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

アチーブメントが社員教育で大切にしていること

2019年05月27日

「アチーブメントは、自社の社員教育で何を大切にしているのか?」
と聞かれることがあります。

それは、「人として何を大切に生きていくか?」という
その人の人生の土台を明確にし、
その大切なことを必ず実行する力を身につけることです。

今の社会の現状をみると、愛国心や愛社精神が希薄になり、
自分中心の個人主義の流れが主流になってきつつあります。

離職したある社員が、
「人生はgoogleとAmazonがあればどこで生きていても同じ」
と言っていました。

確かにそれも一理あると思いましたが
私は何故組織をつくり活動しているのかといえば
それは個人ではできることに限りがあるからです。

会社に対する帰属意識が薄れて、
「如何に個人としてやりたいことをやれるか?」

社会にとって何が大切かという視点ではなく、
自分のやりたいことをやらせてくれる会社を選ぶ
という若者が増えていることは時代の流れなので
私が何か言うことではありませんが、
私自身は人と人の絆やつながりを大切にしたいと思っています。

これから訪れる2045年には、
人工知能、即ちAIが人間の知能を超える時代が来ると
未来学者のレイ・カーライル氏は予測しています。

唯、私はITはあくまでも人を幸せにするツールでしかないと思っています。

どんな時代でも
「人として大切にしなければならないことを大切に生きること」
そこに教育の意味と目的があります。

大切にするべき考え方や価値観をしっかりと
これからもメッセージしていきます。

先日は50名弱の経営者が、
アチーブメントの理念共感型人材採用に関する学びのため
セミナーに参加してくださいました。

経営者の方はもちろん、学生の方にも
「これからの社会で活躍出来る人財の条件」や
「どのように考えて行きていけば良いのか」ということを、
私の経験から確信を持って伝えられることを伝えていきます。

Image [2]

 

 

 

 

 

▼私の講演が収録されたCDをプレゼントしております。
bnr_cd

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社7社を含めて、従業員210名体制へ。
著書は57冊、39万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP