青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

正しさを手放す部下育成

2020年08月8日

昨日まで3日間、経営者を主な対象としたアチーブメントテクノロジーPrimeオンライン特別講座の講師を務めました。経営者教育・指導者教育は私の生きがいです。ご参加いただいた方々に心から感謝します。今日は、講座内でお伝えした社員・メンバー育成の考え方について、少し触れてみたいと思います。

私は若くして社会に出ました。最初は履歴書もいらない溶接工見習いからキャリアをスタートさせ、様々な職を経験した後に、フルコミッションセールスの世界に飛び込み、トップセールスマンになりました。自分が何も持っていなかったところから、トップセールスマンになった経験から「こうすれば結果が出る」という正しさを持っていました。自分の中に結論があったので、メンバーに対しても、正しさを押し付け「やるかやらないかのどっちかだ。やらないやつはやる気がない、結果を出したくないのだ」と思っていたわけです。もちろんそれで伸びる人間もいますが、ドロップアウトしていく人間も多かったのが事実です。部下は私に対して恐れの感情を持っていたでしょう。ドロップアウトした人の中には、私のマネジメントスタイルが気に入らないということを言い訳に使って辞めていった人もいました。

当時の私は、自分の正しさを押し付けるやり方しか知りませんでした。それが最善だったのです。私は、部下を指導するために寮まで作りました。その名も「入魂寮」です。雑巾がけに始まり、セールスだけではなく、人間力を磨くために徹底的に指導していました。一切の言い訳を許さない環境を作っていました。やらせるやらされるの関係、つまり勝ち負けの関係ですね。そんな状態ですから、部下は達成をしたとしても喜びはありません。やらされたという感情が部下の心の中にあると、結果が出たとしても不満だけが残ってしまいます。人は自分の決断に従う存在です。やらされている感覚があっては、長続きしませんし、上司と部下の関係性は良くなりません。

選択理論心理学を学ぶと、人は自分の内側からの動機付けによって行動するということを理解できるようになります。決して、外からの刺激を与えることでは、他人を行動させることはできません。アチーブメントでは選択理論に基づいて社員の育成を行うので、皆モチベーションが高く、成長を求めて各々が主体性を発揮してくれています。早朝の営業トレーニングも一切の強制はなく、社員が自ら求めて、参加してくれています。

人間関係が良く、かつ高い成果が出ている組織が理想です。どちらか一方だけになっている組織は多く見受けられます。選択理論心理学を土台にしたマネジメントを学び、実践することで、成果と人間関係が両立した強い組織をつくれるようになるでしょう。成果が縦軸、人間関係が横軸だとしたら、右斜め45度に成功があります。共に成功の人生を歩みましょう。

28年間にわたり、経営者や各分野のプロフェッショナルに伝えてきた「目標達成の技術」を30分の動画に凝縮しました。
28年間にわたり、経営者や各分野のプロフェッショナルに伝えてきた「目標達成の技術」を30分の動画に凝縮しました。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、従業員220名体制へ。
著書は58冊、40万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP