青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

周りが協力者になる経営とは

2020年10月17日

昨日までアチーブメントテクノロジーコース特別講座7期をリアル開催しました。多くの経営者が3日間現場を離れ受講し、また、8名のアシスタントの方々へは、上質な学びの場を一緒に創り上げてくれました。感謝します。アチーブメントは34期目に入りました。私は33年間、講座の中で、経営の目的は「縁ある人を幸せにすることである」と伝え続けてきましたが、皆さんは、

「なぜその会社を経営していますか?」「なぜその事業を選んだのですか?」

こう聞かれたときに何と答えるでしょうか。私は経営の目的は「縁ある人を幸せにすることである」と伝え続けてきました。経営学の世界では「経営の目的は利潤の追求である」という主張が目立ちます。経営と経営学は全く別物です。

私はマンションオフィスに社員5名資本金500万円で創業しましたので、当時は資金繰りも厳しかったですが、当時から経営の目的は利潤の追求ではなく、縁ある人を幸せにすることだと言い続けています。先輩経営者から「そんな綺麗ごとを言っていたら会社をつぶす」と笑われたこともあります。

もちろん、綺麗ごとを言っているだけでは意味がありません。二宮尊徳の言葉に、「経済なき道徳は戯言である 道徳なき経済は犯罪である」という言葉があります。経営の目的を大切にし、最終的には経済で完結する。私はこれを「理と利の統合」と呼んでいます。理とは、理念の理、心理の理、理想の理。そして利は利潤の利、利益の利、営利の利。つまり、縁ある人を幸せに導いた結果、得られる果実が利益であるという考え方です。利益がでない、赤字になるということは、縁ある人を幸せに導けていないということです。

目的を持たず、相手を負かして利益を得る方法が存在することは確かです。ただし、そういった会社は短期的な繁栄しか手に入れることはできないでしょう。いつかは協力者がいなくなり、会社をたたむことになります。私の友人でありワタミ株式会社CEOである渡邉美樹さんは3度の倒産の危機を迎えた際に、銀行や周囲の人が、「あなたの会社は潰れてはいけない」と言って、力を貸してくれたそうです。これこそ、本来の会社のあるべき姿だと思います。あなたの会社はそう言ってもらえる会社でしょうか。

私は、縁ある人を幸せに導くことを目的に、長期的に繁栄し、社会を支える企業を一社でも輩出するために、これからも3日間の講座に立ち続けます。

スクリーンショット 2020-10-17 150116
33年間にわたり、アチーブメントが実践してきた理念経営の極意を「体験動画」と「実践事例デジタル冊子」にてお伝えします

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、従業員220名体制へ。
著書は59冊、41万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP