青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

企業繁栄の秘訣は、「果実」ではなく「種まき」や「水やり」に焦点をあてることである

2021年05月21日

「利益は目的ではなく、結果である」。
これは私が、長年伝え続けてきたメッセージの一つです。

創業時、先輩経営者から、「経営の目的は利潤の追求だと経営学の本に書いてあるじゃないか。そんな綺麗事を言っていたら会社を潰すぞ」と笑われたことがあります。
数十年の月日が経ち、結果としてそう言っていた経営者のなかには会社をたたまれたり借金を抱えられた方もいます。
対してアチーブメントは34期目に入り、年々発展をし続けてきました。

この違いを創り出しているのは、売上・利益に対する考え方です。

売上・利益とは、木に例えれば「果実」です。
どんな木も、いきなり果実が成ることはありません。
まずは種を撒き、立派に育つ環境を整え、水や必要な栄養を得てこそ、きちんとした果実が成ります。
果実とは、あくまでそうした努力の結果なのです。

これを企業経営で考えると、焦点を当てるべきは、どれだけ売上を伸ばせるかではなく、どれだけ縁ある方々に貢献できているかどうかです。
「何事でも人々からしてほしいと望む通りのことを他の人々にもそのようにしなさい」という、聖書に記された黄金律の考え方に生きるということです。
つまりは、お客様をはじめとする、縁ある方々の役に立ち、喜んでもらうこと。その積み重ねの上に発展があります。

3月に、JPSA会員限定のスタンダードコースを開催しましたが、これは売上や利益を考えて生まれたアイデアではありません。コロナ禍においても、よりよい社会の実現のためにJPSA活動に尽力くださっている。その取り組みに対して、心の底から湧き上がった感謝を形にした一つのイベントでした。

結果、ご参加くださった約450名の方々が満足してくださって、回り回って、さらなる大きな影響の輪に広がっています。
「利益をいかに出すか」ばかりを考えていては、この結果は決して作られることはなかったでしょう。

経営をしていると、様々な外的要因の影響を受けますが、いついかなるときも、三方良しの企業理念から一貫した目の前の縁ある人への貢献を考え、誠実に着実に事業の舵取りをしていくことが、企業の繁栄を生み出す成功の原理原則です。

人と組織を巻き込んで、目標達成するための原理原則をお伝えする無料講演会はこちら

人と組織を巻き込んで、目標達成するための原理原則をお伝えする無料講演会はこちら

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ会社4社・従業員200名体制へ。著書は61冊、43万名以上への研修と、5,000名を超える中小企業経営者教育に従事している。専門分野は理念経営、理念浸透、人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化など。近年では国内外の大学での講義も多数担当し、その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP