青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

真の指導者ほど温かい心をもつ

2021年05月25日

私の大切な友人、自由民主党 政務調査会長の下村博文氏が先日、書籍『GDW興国論 幸福度世界一の国へ』を出版された。このGDWとは、2021年2月の国会予算委員会において下村さんによって提唱された新たな測定指標のことで、物質的な豊かさを測定するGDPに対して、精神的な豊かさ、つまり幸福度を測る新たな物差しである。

下村さんとはまだ若い頃からの長い付き合いになるが、非常に温厚で、敵を作らない、偉ぶらない。それが下村さんの一番の魅力であると私は思う。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」、まさに下村さんはこの言葉通りの人格者だ。
本当に偉い人は偉ぶらない。
温かくて思いやりがある。
なぜかというと、その人自身が苦労してきた経験があるからではないかと思う。
自分が必死になってもがいても上手くいかない時期を経験してきたからだ。
だからこそ、そんな境遇にある人の力になりたいと思える。

自分自身の人生を振り返っても、私一人の力だけで成し遂げてきたことなんて、ほんのひと握りである。
大切な人、大切なパートナーに恵まれて、たくさんの方の力を借りられて、今がある。
自分中心な考え方では、ここまでくることはできなかったと思う。

社員たった5名で立ち上げた会社が、今やグループ従業員数200名にもなった。
多くの有名企業、上場企業の内定を辞退してでも入ってきてくれた社員もたくさんいる。
いま日本全国でアチーブメントテクノロジーコースの講師をしてくれているトレーナーの嶌村は、ちょうど自身の初受講から18年を迎えたと聞いた。
人生の苦みも甘みもたくさん経験してきたからこそ、伝えられるメッセージがある。
全社員が、アチーブメントに入社するまで、そして社員になってからも、それぞれがそれぞれのストーリーをもっている。
そんな社員に恵まれていることに、本当に感謝している。

何が一番大切かというと、足るを知るということ。
必ずしも経済的に裕福な人が幸せとは限らない。
人生の幸福を決めるのは、その人自身がもつ価値観である。

結論、人に支えられて生きているということをどれだけ認識できるか、
いかに温かい心で人と接することができるか、
これが指導者にとって重要なことではないだろうか。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ会社4社・従業員200名体制へ。著書は61冊、43万名以上への研修と、5,000名を超える中小企業経営者教育に従事している。専門分野は理念経営、理念浸透、人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化など。近年では国内外の大学での講義も多数担当し、その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP