青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

激動の時代でも繁栄し続ける経営力とは?

2021年06月3日

社会には潮流というものがあります。
時代の流れに合わせて、流行り廃りが生まれ、人々の興味関心の対象が変わっていきます。

しかし、経営の本質は、決して変わりません。それは縁ある人の人生の質の向上に貢献し、幸せに導くということです。売り上げも収益も、全ては縁ある人への貢献にこだわった結果、得られるものに過ぎません。

アチーブメントという会社は、社員5名・資本金500万円からスタートしました。34年の間、何よりも事業の目的、すなわち顧客の成果の創造に貢献することにこだわった結果、おかげさまで毎年成長を続け、グループ全体で従業員数200名を超え、2019年には11億もの経常利益をあげられるまでになりました。

ここまでの成長を支えてきたものは何かというと、事業の目的に100%共感した、実力のある社員が育ってきたということです。目的や目指すビジョンの実現に対して全力を注ぎ、目的から一貫した目標の達成にこだわれる、そんな社員の成長が会社の成長になります。

社員教育で重要視してきたことは、一言でいえば経営者教育です。自分で自分の全ての行動に責任を持ち、成果に対して主体的に行動し、結果で語る。そんな経営者マインドを持った社員こそが、企業の成長を牽引してくれる存在になります。そのために重点をおくべき育成方針とは、経営者に最も必要とされる3つの能力でもある「判断力」「実行力」「リーダーシップ」を高めることであると私は思います。人の上に立つ指導者として、共に働く部下やメンバーの力を最大限に活かし、組織が最大のパフォーマンスを上げるための必要条件と言えるでしょう。

経営やマネジメントの“やり方”は、時代の流れに合わせて変わっていくことがあります。
しかしその本質、つまり原理原則は、いつの時代も変わることはありません。
利潤・利益の追求ではなく、自社は、誰のために、何のために、なぜ存在しているのか。この問いに向き合い続け、常に経営の本質を追求していきましょう。

人と組織を巻き込んで、目標達成するための原理原則をお伝えする無料講演会はこちら

人と組織を巻き込んで、目標達成するための原理原則をお伝えする無料講演会はこちら

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ会社4社・従業員200名体制へ。著書は61冊、43万名以上への研修と、5,000名を超える中小企業経営者教育に従事している。専門分野は理念経営、理念浸透、人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化など。近年では国内外の大学での講義も多数担当し、その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP