青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

最も利回りの良い投資先は「人材」である

2021年08月4日

常に蓄えを持った余裕のある財務体質で経営をしていくこと。
それは経営者であれば誰しもが望んでいることと言ってもよいのではないでしょうか。

事業活動を経て得た資本をどのようにして、未来に繋げていくのか。
その経営者の判断と選択で、企業の発展も衰退も決まっていきます。

では、最も効果的な、未来に繋がる投資先とはなにか。
私が思うに、「お金」を始め、「情報」や「人脈」や「商品」といったものへの投資はもちろん大切ですが、何より大切なのは「人材」への投資です。

つまりは、いざとなったときに一致団結して、なんとしても組織を存続させようという心構えを持った実力のある人材を育てていくことです。

コロナ禍で多くの上場企業が社員をリストラしたというニュースを見ますが、これは社員をコストだと思っているゆえの判断だと思います。
社員はコストではなく、会社にとっての財産だと私は考えています。

財産はその価値を最大化してこそ意味があります。
生かすも殺すも経営者の腕次第です。

社員に内在する可能力を引き出しすこと。
また、引き出される組織文化を創ることです。

ではどうしたらそのような文化を醸成できるのか?

第一歩は求めることです。
基準を示し、要求することです。
シンプルですが「さすがにこれは無理だろう」と社員の可能性を勝手に蓋をして、
中途半端な働きしかさせていない経営者が多いと私は思っています。

本気で信じ、本気で期待しているからこそ、
高い基準を示し、成長を要求することが愛情なのではないでしょうか。
間違った博愛主義は組織を衰退させてしまいます。
妥協せずに求めてください。

そして、会社は社員にとっての自己実現の舞台です。
要求に対して努力をし、頭角を表し、
自ら登ってきた社員に正当な経済的な報酬と精神的な報酬を支払う。
そんな実力主義の文化が組織の発展の追い風となります。

ぜひ「人材」への投資を重要視して、組織の未来を創り上げていきましょう。


人と組織を巻き込んで、目標達成するための原理原則をお伝えする無料講演会はこちら

人と組織を巻き込んで、目標達成するための原理原則をお伝えする無料講演会はこちら

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ会社4社・従業員200名体制へ。著書は61冊、43万名以上への研修と、5,000名を超える中小企業経営者教育に従事している。専門分野は理念経営、理念浸透、人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化など。近年では国内外の大学での講義も多数担当し、その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP