青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

揺るがぬ経営を貫くために必要なもの

2021年10月22日

経営者とは、その組織のなかで最も組織の存在理由を体現し、最も会社の未来を考えている存在です。
しかし、それと同時に一人の人間でもあります。
ときには迷うことも、葛藤することも多々あるでしょう。

そんなときに何を考え、どのように行動すべきなのか。
私は、その答えは、誰のために何のためになぜ、その会社を経営しているのか、という目的の中にあると考えています。すなわち企業理念です。

縁ある人を幸せに導くこと。
それが経営の目的であると私は定義していますが、更に紐解くと、「社員」「顧客」「社会」といった対象者を具体的に定義することができます。
目的を果たすとは、その誰をも負かせない選択をすることです。

儲かりそうな話や、良さそうな話、得しそうな話は湧いて出てきます。
社員からの提案でもらうこともあるかも知れません。断りづらいシチュエーションもあるでしょう。そんなときに経営者が貫くべきことこそが、縁ある人を誰も負かせない選択です。

選ぼうとしてい道が、三方良しの理念に基づいるか?
判断基準はこれです。
基づいているならば、何も迷う必要はありません。
縁ある人に対して、社会に対して、本気で真心を持って経営をしている限り、何も遠慮をする必要はありません。自分の考えを信じてください。

例えば、私は2019年に毎月連続700回開催を達成した『頂点への道』講座 スタンダードコースの講師として28年間毎月登壇し続けてきましたが、2日間の開催から3日間の開催へと変更したタイミングがありました。
そのとき、社員を含めて周囲からたくさんの反対意見をもらいました。
しかし、それが最もお客様のためになると確信がありました。情報量があまりにも多いため、2日間に詰め込むよりも、3日間かけてじっくりと学んでいただいたほうが確実に技術体得には効果的だからです。
そして、その技術体得によって、本当の顧客満足が生まれ、良い口コミが広がり、受講生が増えていく。結果として社員を勝たせることができる。それが社会の発展にも必ずつながっていきます。
だからこそ、信じて貫き通してきました。
その結果、今のお客様の満足と、弊社の発展があります。

このような事例は枚挙に暇がありません。経営者が気にすべきは、他人の目や評価などではありません。気にすべきは、その判断が三方良しであるかどうか、企業理念に則っているかどうかです。本質を見続け、環境の変化からチャンスを掴み、企業の発展を共につくり出しましょう。

34年間追求し続けてきた「人軸経営」の真髄を120分に凝縮してお伝えします。

34年間追求し続けてきた「人軸経営」の真髄を120分に凝縮してお伝えします。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
CEO
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ会社4社・従業員200名体制へ。著書は61冊、44万名以上への研修と、5,000名を超える中小企業経営者教育に従事している。専門分野は理念経営、理念浸透、人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化など。近年では国内外の大学での講義も多数担当し、その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP