青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

経営において重要な判断基準を、社員に醸成するには

2021年10月30日

経営者は日頃から自社組織の全体最適を追求しています。
私自身も、経常利益20%を意識しながら、ローコストオペレーションで収入・支出のバランスを考え、「満足したお客様こそが最大の協力者になってくださる」という信念で、お客様の立場に立った意思決定を日々してきました。

様々な問題が起こるのが経営というものです。
社内でも問題が起こるでしょうし、社外の環境変化もあるでしょう。
コロナだってそうです。様々なことが発生します。

しかし、様々な状況がある中で、本質的・長期的・客観的に何が正しいのか、原理原則に即した意思決定をしてきた人生だと、振り返っています。

私が社員教育において重視しているのも、この判断基準です。
私自身がこれまで下してきた意思決定を忠実に学び、同じクオリティで判断できることを求めます。
なぜなら、この判断基準が会社の未来を決定するからです。

では、どうすれば適切な判断基準を醸成できるのか。
私が考えるに、ある判断が必要になった際には、未来に対して具体的なイメージを描いた上で最終的に意思決定するわけです。

・素直な心を持っている人
・自社の理念・ビジョンをしっかりと認識できている人
・自社の事業計画を深いレベルでしっかりと認識できている人
・物事の優先順位を明確に理解できている人

そういったブレない人材が、適切な判断基準をもてるのです。

そして、判断基準が正しいかどうか見分ける指標となる問いかけが、
「もし自分と同じ人間ばかりだとしたら、この組織は一体どうなるだろうか?」
ということです。
私自身は、若い頃、常に自分にこう問いかけて「この組織は大発展する」と思える人材でした。
今もそれは変わりません。

いま、コロナをはじめ様々な状況がある中で、ぜひ多くの経営者には、素直な心を持ち、自社の理念をはじめとした経営思想・計画を明確に認識し、その上で本質的・長期的・客観的に、自社組織の全体最適を考えて判断する力を磨いてもらいたいと思います。


34年間追求し続けてきた「人軸経営」の真髄を120分に凝縮してお伝えします。

34年間追求し続けてきた「人軸経営」の真髄を120分に凝縮してお伝えします。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
CEO
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ会社4社・従業員200名体制へ。著書は61冊、44万名以上への研修と、5,000名を超える中小企業経営者教育に従事している。専門分野は理念経営、理念浸透、人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化など。近年では国内外の大学での講義も多数担当し、その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP