青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

松下幸之助翁の側近だった方のとっておきの話

2008年04月4日

080404_01_03.jpg本日は良い出会いがあった。
松下電器産業で松下幸之助翁に仕え、廣済堂出版の社長を6年間も務めた事のある株式会社DELTAi.D.総合研究所 代表取締役社長でその他多くの企業の会長を務めておられる中 博氏との出会いである。
お話をお聞きしている中で、いろいろ勉強させていただくことが出来た。
その中でも、松下幸之助翁の思い出の中で「任せて任せず」の
本質的な意味については大変勉強になった。
任せることは全面的に100%任せるが責任は100%上司が取る。
そして部下を成功させるために、あらゆる資源や経験や知恵を惜しみなく与え、
成功させることがこのことの本質的な意味だということだ。
わかっていたが、深さが伝わり自分の部下を成功させる、燃えるような熱意を持つことが、
上に立つものの器量であるということを再確認したしだいである。
昔、創業間もない頃、京都のPHP研究所にある松下幸之助翁の資料館を訪ねたことがある、その時に松下電器は本気で人づくりをした会社であるということを確認していたが再度今回のお話の中で再確認できた。
「人を創るのが先で、工場で物を作るのは後である」という話は松下幸之助翁の側近として長年務められた中さんだからこそ伝えられる深いお話であった。
本で知っている情報と、実際側近だった方から聞かされるお話は深さが違うとつくづく感心させられた次第である。
中 博氏には是非アチーブメント出版から本を出していただきたいと考えている。
今の時代だからこそ、理念経営の本質を多くの経営者に知っていただきたいと心から願っている。
お話の中で今まで多くの成功者の方と仕事をしてきてみんな55歳前後から本格的に会社を伸ばされたというお話を聞いた。
20代、30代はもちろん40代もまだ宇宙の法則や原則に対して焦点が合わさっていないということである。
50代に入って初めて肩の力が抜けて自然体でよい経営が出来るというお話はとても説得力があった。
松下幸之助氏は80歳から晩年94歳でお亡くなりになるまで社会貢献の為に尽くされたということだ。
経営者として70歳ぐらいまでは、現役で走りなさい。という言葉に第二創業期ここから、もうひと踏ん張りしなければならないと思ったしだいである。
早ければ第25期57歳ぐらいで後継者に道を譲ろうと考えていたが、本気でこの会社を継ぎ、会社を発展させられる後継者を育て上げるまでは確かに時間がかかるかもしれない。
いずれにしても、実力で這い上がって来る人間に後を譲ることになるだろう。
私も本気で生きてきたが、中さんは全力投球で生きてこられた方だということがお話の中で感じられ嬉しく思った。
人生はまさに選択の結果である。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP