青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

人生、日々選択

2006年04月4日

早いもので社会に出て、今年で33年目を迎えた。
北海道の函館で生まれ、札幌で育ち、十代で社会に出たわけだが、今日までいろいろな選択があった。
職業の選択、付き合う人の選択、読むべき本の選択、食べ物や毎日の行動全ての選択の結果が現在の私を形成してきたと考えている。人生は日々選択の連続である。
若いとき、私はセールスに専念した。そして成果を出し、若くして管理職になり、そこで又マネジメントに専念、29歳で能力開発コンサルティング会社にマネージャーとしてスカウトされ、やはり仕事に専念し役員に昇格、32歳で今のアチーブメントを創業、1999年に子会社として出版会社を設立、この社会からいじめや差別をなくし、より良い社会を創りたいと願い、真剣に出版活動もおこなっている。何をするにも専念することである。あなたの職業はと聞かれたら迷わず「能力開発コンサルタントです」と答えるが、これは複数の病院を経営している医者にあなたの職業は?と尋ねたら、自らが医者という職業に使命を持っている病院経営者はおそらく「医師です」と即答するであろう。「病院経営者です」とは答えないと思う。このことと同じである。私は自分の職業に使命感をもって働いてきた。お蔭様で今のところすべて順調である。運がいいと思う。しかし運は自分が求めなければ開かれない。運は自ら切り開くものである。
私は若い人に「成功するには今いる環境を変えることも重要だが、その反対に自分自身がその環境の中に完全に入り込み、環境そのものを創造していける人材になることはもっと成功の近道だよ」と話すことがある。私自身、人生を振り返って、その場で常に最善を尽くし、必要とされる人材としてどんなときでも言い訳をせず、成果を追求してきた。能力よりも考え方のほうが重要である。考え方のしっかりしている人材は確実に成長し成功していく。
成功タイプの人材はどこでも成果を出せるものだ。会社を変えるよりも成果を出してその会社でのし上がって行くほうがまず先決だ。とことん成果を出せば、起業できる人材にはおのずとチャンスが訪れるものである。
「実績は実在なり」
「プロにとっての唯一の管理者は成果である」
この言葉を胸にこれからも成果に向かって生きて行きたい。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP