青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

損得発想から得々発想へ

2008年04月14日

世の中の判断基準に「これをすることは、損か得か?」というものがある。
自分中心に考えると、得なことはしたいが損はしたくないということになる。
例えば、税金を納めることは損か得か?
子どもの教育費にお金をつぎ込むことは損か得か?
会社に勤めていて、同僚とそれほど変らない報酬でも、言われなくても進んで物事をこなし、人の分まで仕事をすることは損か得か?
朝早く出社して、身の回りを整理整頓して会社の仲間の分まで余分に整理する手助けをするのは損か得か?
地域社会の一員として、自治体等のいろいろな役割を引き受け、無償で奉仕することは損か得か?
結婚をして、配偶者の生活費まで稼ぐのは損か得か?
子どもを成人まで育て上げて、自立させ社会に送り出す行為は損か得か?
まだまだいくらでも例をあげられるが、マザー・テレサやシュバイツアー博士等、人の目には損でも神の目からみると喜ばれることを実行して偉人となった人もいる。
世の中をよりよくしていくという目的に向かって、人生を生きていこう。
私は、“愛とは一つの犠牲の形を取るもの”だと考えている。
親はわが子のために、多くの犠牲を払う。
子どもは親の犠牲の上に、世のため人の為に役立つ人間になり、後世に貢献していく。
「勝ち負け」ではなく、それが長い目で「勝ち勝ち」の双方勝利の状態を作り上げていく。
より良い社会を創るという目的に向かって、よい商品やサービスを、多大な代償の先払いをして創り上げ、社会の評価を問う。
必要とされるものには価値を認め、お金が集まり、更なる繁栄と再投資がそこから繰り返される。
目先の損得ではなく、世のため人の為に役立つ仕事を追求していこう。
そこに天からの大きな祝福が施されると信じている。
しかし、あくまでも利益優先ではなく、貢献優先が大切である。
商売は損得に考えがちだが、本当に儲けている人は、相手を儲けさせて、結果自分も繁栄しているものである。
成功の本質は損して得取れである。
種まき収穫の法則の中に真の成功を見出そう。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP