青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

若い人に贈る言葉

2008年11月8日

人生は、判断、選択、決断の連続である。
何を判断、選択、決断の基準にするのかは、人それぞれである。
私は今年53歳になったが、自分なりに納得のいく人生を送れていると思っている。
十代で北海道から出てきて、若気のいたりで失敗も星の数ほどあったが、29歳でバイブルを通して”愛”に出逢い、価値観が変革し、そこから人の道に沿った判断が出来るようになり、人生が変わった。
人生の変革は、”自分の存在理由の自覚”から始まったと思っている。
知力や能力も大切だが、あり方や心の姿勢はさらに重要だ。
知力や能力を軽く考えてはいないが、心構えが悪ければ決して良い人生を生きることはできないことを確認してきた。
心構えとは”社会にとって役に立つ存在になろう”とか、”人に喜んで頂きたい”という心である。
目先の損得に動かされる人間は大成しない。
若い人たちには、もっと大きな「」を育てていただきたいと願っている。
信用、信頼される人間になることが大切だ。
若いけど、見どころがあると言われる人間は必ず利他的な心を持っている。
夢も大切だが、志はもっと大切」である。
夢は自己中心的なものもあるが、志は世の為、人の為のものだ。
会社経営も自分の小金を稼ぐためではなく、世の中の問題や世の中への貢献を目的にした方が協力者も集まるものだ。
若い人に伝えたいことは「損して得する」という長期的な視点に立った自分作りの大切さである。
私は、若い時から“代償の先払い”を進んで行ってきたと思う。
人の何倍も進んで働き、信頼を得てきたと思う。
人の器は思考で決まる
器の小さな人間になってはいけない。
世の為、人の為に自分の能力を高め、社会に役立つ人間になっていこう。
私たちは両親の多大な犠牲と愛情を受けて今を迎えている。
その両親も、その両親(祖父母)の愛を土台とした自己犠牲の上に育てられたことを自覚しよう。
私たちには成功する責任がある。
一人一人、この社会の逸材に成長していただきたい。
人生の目的が変われば、人生の質が変わる
その人の一生は、目指すもので決まると言っても過言ではない。
一度の人生、二度ない人生を大切にし、悔いなき人生を生きてもらいたいと切に願っている。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP